狭心症・心筋梗塞

心臓は、絶えず収縮と拡張を繰り返し、血液を全身へと送り出しています。そして、この運動をおこなっているのが心臓の筋肉(心筋)です。心筋には、冠動脈(かんどうみゃく)というストローと同じくらいの太さの血管とその先は枝分かれしたような血管がとりまいていて、心臓に酸素を含んだ血液や栄養を送っています。

この大事な役割を果たしている冠動脈に動脈硬化が起こり、血液の通り道が狭くなったり、血栓ができて詰まってしまうと必要な血液量が流れなくなり、胸の痛みが起こります。多くは中年を過ぎた人に起こるこの心臓部の痛みは、狭心症(きょうしんしょう)、または狭心症が進行した状態の心筋梗塞(しんきんこうそく)の発作です。

狭心症では、冠動脈が細くなりつつも、ある程度の血流量はあり、例えば激しい運動などで心臓が必要とする血液量が増えると発作が起こります。発作を繰り返すことで心筋梗塞になる危険がありますから、対策を考えるべきでしょう。

心筋梗塞は狭心症の状態がさらに進行したもので、血管が完全に詰まり血液が流れなくなって、心筋が機能を失います。数時間のうちに死亡するケースもあります。

糖尿病や脂質異常症(高脂血症)、高血圧などによって起こる動脈硬化が血管が狭くなる原因ですから、その予防として、太りすぎ、喫煙、ストレスなどに注意しましょう。発作の経験がある人は、過度な運動や興奮、寒冷刺激などといった誘因となるものをなるべく避けましょう。

漢方薬で狭心症・心筋梗塞の症状を改善する

狭心症や心筋梗塞の発作を鎮めるには、漢方薬を頼りにするだけでなく、現代医学で処置をおこなうことが必要です。

現代医学では、狭心症の発作にはニトログリセリンという舌下錠が用いられ、発作が習慣的に起こる人は、この薬を常に携帯していなくてはなりません。ただ、心筋梗塞に対しては効果的ではありません。

狭心症・心筋梗塞に対しての漢方薬の処方では、発作が一度起こっても次の発作を予防し、血管を修復して補強することを目指します。さらに、太りすぎなどの体質を改善することによって、狭心症を予防することも大切です。漢方薬と現代医学の治療とを並行して行っていくことで、大きな効果が得られると考えます。

漢方薬の処方は次のようなものがあります。

発作の予防に