泌尿器系の病気

膀胱炎(ぼうこうえん)は、膀胱の粘膜が大腸菌などの細菌の感染によって炎症を起こす病気です。男性よりも女性に多く起こります。女性に多いのは、男性より女性のほうが尿道が短く、膀胱内に外陰部の細菌が簡単に侵入できてしまうためです。これは急性 ...

泌尿器系の病気

尿路(にょうろ)とは体内でつくられた尿が体外へ排出されるまでの通路のことで、腎臓、尿管、膀胱(ぼうこう)、尿道がそれに当たります。そして、この尿路の間に石ができることを結石(けっせき)といい、石が引っかかったり、詰まったりすることで起 ...

泌尿器系の病気

腎臓は体内の水分の質や量のバランスを整えている臓器で、腎臓の濾過(ろか)装置である糸球体という部分が感染によって炎症を起こす病気を腎炎といいます。発病は細菌の感染によるもので、風邪や急性扁桃炎にかかってこれらが治る頃に腎炎の症状があら ...