四物湯(しもつとう)

四物湯(シモツトウ)は、血(けつ)が不足した「血虚」に対して処方される漢方薬です。「和剤局方」という漢方の古典医書で紹介されている処方です。血を補い、血液の流れを良くし、体を温め、肌に潤いを与える働きがあります。

「血虚」の人には、顔色が悪くツヤがない、皮膚がカサカサして潤いがない、眼が疲れる・渇く、爪の色が悪くもろい、ふらつく、動悸がする、筋肉がひきつる、月経周期が乱れるなどの症状がみられます。

四物湯が向いているのは、体力がなくて、皮膚が乾燥して色ツヤが悪く、胃腸障害のない人です。女性に用いられることが多く、生理不順、冷え症、貧血、しもやけ、しみ、血の道症(更年期障害)などを改善します。

四物湯には、次の生薬のエキスが配合されています。地黄(ジオウ)、 芍薬(シャクヤク)、 川芎(センキュウ)、 当帰(トウキ)の4種です。

体が冷えることで血液の質が衰え血液循環が悪くなります。また、強い貧血のために血液が不足し、皮膚に潤いがなくなりかさつきます。四物湯に含まれる地黄・当帰は血を補い、血液の働きを増します。芍薬・川芎はともに血液循環を良くし、うっ血を取り除きます。そして、地黄が皮膚に潤いを与えます。

一元(イチゲン)製薬の四物湯は、細粒や漢方薬独特の風味、苦味が苦手な人にも服用しやすい、錠剤の薬です。

効能・効果

貧血して皮膚に艶やうるおいがなく、腹部が軟らかくて力なく、臍の上に動悸するものに用いる。
月経不順、産前産後の体力増強、女子更年期の神経症(頭重、不眠、不安、憂うつ)

用法・用量

次の量を1日3回、食事の1時間前または空腹時に、お湯または水で服用します。
大人・・・4~6錠

▼ 四物湯(一元製薬)1,000錠 の詳細、購入についてはこちら。

しもやけ

しもやけは、皮膚に対する寒冷刺激によって起こります。手や足などが冷えることで末端の血管の拡張・収縮がうまくできなくなり、血行が悪くなることで発症するのです。ですから、しもやけを改善するには、なにより手足の先などの血行を良くすることが重要になります。

医学的には「凍瘡(とうそう)」といわれ、手や足にできることが多いしもやけですが、ほかにも、耳たぶや鼻、頰などにできて、かゆみや痛みを伴ったりします。外見的には、患部が赤紫や赤黒く変色し、腫れあがります。症状が悪化すると水ぶくれができたり、それが破れて、ただれたりします。冬の寒さによる血行不良で、気温が5度前後になると発症しやすくなるとされています。
冬山登山などの人に起こることがある「凍傷(とうしょう)」とは別の病気です。

しもやけになるのは、血液循環が悪くなりやすい、子供や女性が多いです。しもやけという病気の背景には、冷えやのぼせといった血液循環障害があり、体質的なものが原因になっていることも少なくありません。寒い時期には、普段から自分でできる予防をしておくとよいでしょう。手袋、あたたかい靴下、耳あてなどを身につけ防寒する、皮膚をマッサージして血行を良くする、濡れた手はしっかりと拭きとる、などです。

冬が過ぎて暖かくなると自然に治ることも多かったりして、きちんと治療する必要がないと思われがちですが、放っておくと重症化する可能性もありますので、早めに対処したほうがよいでしょう。

漢方薬でしもやけの症状を改善する

漢方薬では、その人の体質や症状から判断した処方がおこなわれます。何度も繰り返し起きるようなら、次のような漢方薬を試してみるとよいでしょう。

温清飲(うんせいいん)

温清飲(うんせいいん)は、『万病回春』という中国漢方の古典書で紹介されている処方で、皮膚の乾燥を改善する「四物湯(しもつとう)」と、熱感や炎症を静める「黄連解毒湯(おうれんげどくとう)」を合わせた漢方薬です。

血液循環を良くするほか、出血をおさえる作用、のぼせや手足のほてりをとる作用があります。

体力が普通にあって、皮膚が乾燥して色ツヤが悪く、のぼせなどの症状がある人に向いています。熱症状を取り除いて症状を緩和したり、体を潤したり、丈夫にする漢方薬を用いて免疫力を高めていきます。

温清飲(うんせいいん)をアトピー性皮膚炎や湿疹などの皮膚病に用いる場合の特徴は、患部が乾燥して赤味を帯び、熱感があり、かゆみが強く、掻くと粉がこぼれるようなものです。季節でいうと、季節の変わり目のほか、秋・冬に増悪するものが特徴です。貧血気味の人のアトピー性皮膚炎などは、このタイプの人が比較的多いです。

女性特有の生理不順や更年期障害、神経症などの血の道症に使用する場合には、冷え症はなく乾燥肌で顔が赤くのぼせやすいのが目標となります。

一元製薬の漢方製剤『温清飲』は、漢方薬独特の匂いや味が苦手な人にも服用しやすい、錠剤タイプの薬です。

温清飲には、次の生薬のエキスが含まれています。
当帰(トウキ)、芍薬(シャクヤク)、川芎(センキュウ)、黄岑(オウゴン)、山梔子(サンシシ)、黄連(オウレン)、黄柏(オウバク)、地黄(ジオウ)

効能・効果

患部が乾燥して赤味を帯び、熱感があり、掻痒がひどく、掻くと粉がこぼれるような皮膚炎、蕁麻疹(じんましん)、皮膚掻痒症(ひふそうようしょう)。

用法・用量

次の量を1日3回、食事の1時間前または食間に服用します。食間とは食事が済んでから2~3時間後のことです。空腹時に服用するようにします。

  • 13歳以上:1回に4~6錠
  • 7~13歳迄:1回2~3錠

※小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させましょう。

▼ 温清飲 (一元製薬)の詳細、購入はこちら。

水虫(みずむし)

水虫(みずむし)は、白癬菌(はくせんきん)というカビが皮膚に繁殖して起こる病気です。この白癬菌は手や体のほかの部分にも感染しますが、90パーセント近くは足で、特に足の指に発生します。菌が足に繁殖しやすいのは、靴や靴下をはいて足がむれ、菌にとって過ごしやすい環境になるからです。最近では、女性も仕事などで一日中、靴をはいたまま過ごす人が増えたために、男性に限らず女性も水虫に悩む人が多くなっています。

足にできる水虫には、赤くジュクジュクしたり白くふやけたりが足の指と指の間にできる趾間型(しかんがた)や、強いかゆみを伴って土踏まずのあたりに小さな水疱ができる小水疱型(しょうすいほうがた)、かかとが乾燥して角質が厚く硬くなる角質増殖型があります。また、爪に感染して水虫になる爪白癬(つめはくせん)もあります。

白癬菌は高温多湿を好み、皮膚に汚れや汗が残った状態だと菌が繁殖しやすいので、足や体をいつも清潔に保っていることが大切です。

水虫は接触することで感染します。例えば、家族の中に水虫の人がいる場合には、水虫の人と同じバスマットやタオルを使ったり、スリッパを履いたりすることで白癬菌が付着します。また、プールや温泉、銭湯といった不特定多数の人が素足で利用する施設では、白癬菌が足に付着しやすくなります。ただし、白癬菌が付着したからといって、すぐに感染するわけでありません。皮膚に入り込んでから感染するまでには一日ぐらいかかるともいわれているので、毎日、清潔を保ちましょう。傷口があったり免疫力が落ちていたりすると感染する可能性があるので、よく洗い流し、菌が繁殖しないよう気をつけましょう。

漢方薬で水虫(みずむし)の症状を改善する

水虫に一番良くないのは、むれることだと考えられています。夏の間などには、できるだけ裸足で過ごしたほうが良いでしょう。そして、きれいに洗って乾かし、清潔にしておきましょう。
症状が治ったと思っていても白癬菌は残っていることが多いので、すぐに治療を止めずに、根気よく継続したほうがよいです。

漢方薬では次のような処方が考えられます。

  • 十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)
    湿潤性の水虫に用います。水ぶくれが破れて皮がむけているとき、炎症があって化膿しかけているときに使います。急性の湿疹やじんましんなどの皮膚疾患に広く用いられる漢方薬です。
  • 温清飲(うんせいいん)
    乾燥性の水虫に用います。皮膚の色ツヤが悪い人の月経困難、更年期障害、血の道症などの婦人科疾患にも効果的な漢方薬です。

じんましん

じんましんでは、強いかゆみが起こり赤い発疹ができます。発疹は、赤みを伴って扁平(へんぺい)に隆起した円形や楕円形、地図状などに見えます。かゆいところをかくと、ミミズ腫れのようになります。こうした症状の多くは一過性のもので、数時間ほどで、痕が残らずに消えます。しかし、なかには慢性化するものもあります。皮膚に生じるアレルギー反応のひとつで、皮膚の中の細胞からヒスタミンという物質が出るために起こります。慢性じんましんは、原因がはっきりしない場合がほとんどです。

原因については、食べものや薬剤、細菌・ウイルスの感染、血液疾患、物理的刺激、精神的ストレスなどいろいろなものが考えられます。食べものや薬剤が原因となる場合はアレルギー性のことが多く、原因となる食べものを食べたり、薬剤を服用することで、繰り返し症状があらわれます。物理的刺激が原因となる場合は、軽度の圧迫、機械的刺激、温熱または寒冷、日光にあたることや発汗することなどによって起こります。しかし、それ以外の場合は、じんましんが出るしくみははっきりとわかってはいません。

急性じんましんは、発疹が一過性のもので、痕を残さず消えることが診断のポイントとなりますが、原因を調べるためには血液検査や皮膚テストがおこなわれます。物理的な刺激が原因のじんましんは、例えば腕時計や下着のゴムの締め付けといった機械的な外部からの刺激、温度変化や日光などによって誘発されるので、何が原因なのかを確認します。

症状に対しては抗ヒスタミン薬が用いられます。通常は内服薬を服用するのですが、抗ヒスタミン薬で効果がでない場合には、少量のステロイド薬を服用することもあります。

かゆみを伴う赤い発疹がある場合、虫刺されや湿疹である可能性もあります。じんましんは、虫刺されや湿疹とは治療法が異なるので、きちんと専門医の診断を受けましょう。

漢方薬でじんましんの症状を改善する

じんましんは、原因がわからないことも少なくありません。漢方では、次のような薬が考えられます。

  • 十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)
    急性や初期の皮膚疾患に広く用いられる薬です。よくじんましんができる人のアレルギー体質の改善にも使われます。
  • 葛根湯(かっこんとう)
    風邪のひき始めや筋肉痛など広く使われる薬です。初期のじんましんで、強いかゆみや赤い腫れがあり、体全体が熱っぽくて寒気があるときに効果的です。
  • 八味地黄丸(はちみじおうがん)
    高齢者によく発症する乾燥性の蕁麻疹に用いられます。のどが渇く、トイレが近いといったタイプの人に向いています。

変形性関節症

関節に痛みが起こる原因は、スポーツなどで関節に負担がかかったときや傷めたとき、病気では関節リウマチや感染性関節炎、痛風などによるものといろいろありますが、日本人に最も多く発症しているのは、変形性関節症(へんけいせいかんせつしょう)です。

変形性関節症は、関節の軟骨がすり減ったりすることで痛みや腫れが起こり、関節が変形することもある病気です。

関節軟骨は、骨と骨との間にあってクッションの役割や滑らかな動きを可能にしている組織なのですが、変形性関節症では、軟骨がすり減るために滑らかな動きができなくなって骨と骨に摩擦が生じ、痛みが出ます。関節に炎症が起こったり水分(関節液)が溜まって、腫れてしまうこともあります。さらに、骨にも影響が及び、軟骨の下の骨が硬くなったり突起ができたりして、関節に変形が起こります。そして、そのまま放っておくと、関節の動きが悪くなることもあるのです。

変形性関節症は、首や肩、肘(ひじ)、手・足の指、脊椎、股(また)、膝(ひざ)と、全身のさまざまな関節に起こります。なかでも特に多くの人を悩ませているのが、体を支え体重の負荷がかかる膝や股に起こる関節症で、日常生活に支障をきたすこともあります。
膝に起こるものを変形性膝関節症、股に起こるものを変形性股関節症(へんけいせいこかんせつしょう)と呼びます。膝関節や股関節に炎症が起こると、座ったり立ち上がったり、階段の昇り降りなどのときに痛みが起きて、動くのが苦痛になります。

年齢を重ねるに連れて発症する人が増えてきますが、これには、年齢とともに筋力が弱くなり関節にかかる負担が大きくなることや、長年にわたり関節を使い続けて関節の軟骨がすり減ってきたことなどが関係していると考えられます。ただし、スポーツ選手など特定の関節を使い続けた場合では、若い人でも発症することがあります。また、太っていると膝関節や股関節にかかる負担が大きくなるため、変形性関節症が起こりやすくなります。肥満に気をつけましょう。

漢方薬で変形性関節症の症状を改善する

茵蔯五苓散(いんちんごれいさん)

商品概要

茵蔯五苓散(インチンゴレイサン)は、漢方の古典書『金匱要略』に紹介されている漢方薬です。水分を除去する五苓散(ごれいさん)という処方に、黄疸に効く茵蔯蒿(いんちんこう)というカワラヨモギの花穂を加えたものです。

ある程度体力がある人で、口が渇き、尿量が少なく、水分が停滞しているときに向きます。
肝障害や黄疸を伴うときに適し、吐き気や嘔吐、じんましん、むくみなどの症状を改善します。

茵蔯五苓散には、次の生薬のエキスが含まれています。
茵蔯蒿(インチンコウ)、沢瀉(タクシャ)、猪苓(チョレイ)、白朮(ビャクジュツ)、茯苓(ブクリョウ)、桂皮(ケイヒ)の6種類。

補気作用のある白朮(ビャクジュツ)が二日酔いなど胃腸の疲れに効きます。茵蔯蒿(インチンコウ)にはかゆみを止めるはたらきもあるので、じんましんなど、むくみを伴った皮膚のかゆみに効果的です。

小太郎漢方の茵蔯五苓散 エキス細粒G は、お酒の飲み過ぎによる二日酔い、むくみのほか、皮膚のじんましんなどにも用いられます。

効能・効果

体力中等度以上をめやすとして、口やのどが渇いて、尿量が少ないものの次の諸症:
じんましん、二日酔い、むくみ、嘔吐

用法・用量

次の量を1日3回、食前または食間に服用します。食間とは食事が済んでから2~3時間後のことです。空腹時に服用します。

  • 大人(15歳以上):1包
  • 15歳未満7歳以上:2/3包
  • 7歳未満4歳以上:1/2包
  • 4歳未満2歳以上:1/3包
  • 2歳未満:1/4包

※小児に服用させる場合には、保護者の指導・監督のもとに服用させましょう。

▼ 茵蔯五苓散 エキス細粒G (コタロー)の詳細、購入はこちら。

椎間板ヘルニア

私たちの背骨の腰の部分には椎骨という骨があり、この椎骨と椎骨の間には椎間板(ついかんばん)があって、重力の負担をやわらげるクッションの役割をしています。

椎間板の内部には髄核(ずいかく)というゼラチン状の組織があり、そのまわりを線維輪(せんいりん)という組織がぐるっと囲っているのですが、髄核の一部が線維輪を突き破って飛び出し、後方にある神経を圧迫して痛みやしびれを起こすのが椎間板ヘルニアです。ヘルニアというのは、私たちの体の組織の一部が、本来あるべきところから飛び出してしまった状態をいいます。

椎間板ヘルニアの症状は腰痛だけでなく、お尻や脚にしびれが起きたりします。そして、急性時の腰痛のときにはまずは安静にすることが必要です。

原因としては、加齢や重いものを持ったときの負荷などが考えられます。椎間板が加齢などによって変性し、断裂して起こります。悪い姿勢での動作や作業、喫煙などでもヘルニアが起こりやすくなるといわれています。

椎間板ヘルニアの治療として、保存療法と手術があります。保存療法では、鎮痛剤などを使って痛みを抑えたり、激しい痛みを抑えるための神経ブロック注射で痛みをやわらげたり、コルセットで固定したりします。保存療法をおこないながら様子をみますが、6ヶ月くらいの間に痛みやしびれが治まる人もいます。保存療法で痛みがとれない場合や日常生活に支障がある場合などには、医師が手術を勧めることもあります。

日常生活で気をつけることは、腰への負荷が大きい中腰の姿勢での動作、長時間同じ姿勢を続けること、床から物を持ち上げるときは膝をついたり自分の近くへ引き寄せてから持つようにすることなどです。また、腹筋や背筋を鍛えることが予防となるので大切です。

漢方薬で椎間板ヘルニアの症状を改善する

四十肩・五十肩

四十肩・五十肩は、医学的には「肩関節周囲炎」と呼ばれる病気です。40歳代、50歳代と発症する年齢が違うので呼び方も違いますが、どちらも同じ加齢による現象です。中高年になったら、多くの人に発症する可能性があります。

原因ははっきりとわかっていませんが、加齢に伴い、肩関節のまわりにある筋肉、腱の老化、肩周辺の組織がかたくなるなどの変化が起こることで、炎症や痛みが起こるものと考えられています。

40歳を過ぎる頃から、肩に重圧感、コリや痛みが現れるようになり、そうしているうちに、肩の動きが悪くなります。日常生活の中では、例えば、髪を整えようとしたり、シャツを着ようとした時に痛くて肩が上げられなかったりします。

症状として、肩の周辺から指先まで、突然に激しい痛みが発生し、痺れるような激しい痛みが数日間~数週間くらい続きます。その後、激しい痛みから鈍い痛みに変わりますが、肩が動かしにくくなります。一般的には、数週間から6ヶ月くらいで症状は軽減していきますが、関節の動く範囲は狭くなってしまいます。

激しい痛みのある時は、必要に応じて鎮静剤などを利用し、安静にして過ごしましょう。鈍い痛みに変わり落ち着いてきたら、少しずつ動かすように心がけましょう。そして、冷えると痛みが強くなることがあるので、肩関節を冷やさないようにすることが大切です。

痛みが繰り返し起こる場合や、痛みがひどい場合には、違う病気が潜んでいる可能性もありますので、早めに医師の診察を受けたほうがよいでしょう。

普段から猫背の人は、重心が前のめりになって体にゆがみが生じやすいため、四十肩・五十肩のリスクが高まります。猫背になりやすい人は、普段から正しい姿勢を意識するとよいでしょう。
また、体の冷えや精神的なストレス、睡眠や食事といった毎日の生活習慣が不規則なことも良くないといわれているので、気をつけましょう。

漢方薬で四十肩・五十肩の症状を改善する

痛みを和らげ、自然治癒力を高めていく意味で、次のような漢方薬が考えられます。

桂枝加朮附湯(けいしかじゅつぶとう)

桂枝加朮附湯(ケイシカジュツブトウ)は、体力が低下している人の頭痛や寒気、排尿障害、手足の関節痛や腫れなどを使用目標に、慢性の神経痛やリウマチ、関節炎、手足や顔面のマヒなどを治療するために用いられる漢方薬です。

桂枝湯(ケイシトウ)に蒼朮(ソウジュツ)と附子(ブシ)を加えた処方です。桂枝湯は、汗が出やすくて、顔色があまりよくない、虚証タイプの人に向けた軽い散剤ですが、これに燥性で発散性の蒼朮と附子を加えたものが、この桂枝加朮附湯です。

桂枝加朮附湯には、主薬の桂皮をはじめとした、次の7種類の生薬のエキスが含まれています。
桂皮(ケイヒ)、芍薬(シャクヤク)、蒼朮(ソウジュツ)、大棗(タイソウ)、甘草(カンゾウ)、生姜(ショウキョウ)、附子(ブシ)

穏やかな発汗作用のある桂皮、痛みを和らげる芍薬、余分な水分を取り除く蒼朮、緩和作用のある甘草、体をあたため痛みをとる附子などが配合されています。

JPSの桂枝加朮附湯は、体内の湿毒を除き、全身の血行をよくし、体をあたためながら痛みを緩和する漢方薬です。桂枝加朮附湯エキスを、飲みやすく錠剤にしています。

冷え症で、手足の関節や筋肉が腫れて痛み、曲げ伸ばしが困難な人に使用します。尿量が減少して、冷えると調子の悪さが増したり、マヒ感がある人にも使用します。

効能・効果

関節痛や神経痛の改善。
体をあたため、水分の代謝を良くすることで、手足の痛み、しびれ、関節痛などの症状を改善していきます。体力が無く、冷え症で、寒さや冷たさによって症状が増悪する人に適しています。

用法・用量

次の量を1日3回、食前または食間に水か白湯で服用します。

  • 大人(15歳以上)・・・1回4錠
  • 7歳以上15歳未満・・・1回3錠
  • 5歳以上7歳未満・・・1回2錠

※5歳未満の幼児には服用させないでください。

▼ 桂枝加朮附湯 エキス錠(ジェーピーエス製薬)の詳細、購入についてはこちら。