四十肩・五十肩

四十肩・五十肩は、医学的には「肩関節周囲炎」と呼ばれる病気です。40歳代、50歳代と発症する年齢が違うので呼び方も違いますが、どちらも同じ加齢による現象です。中高年になったら、多くの人に発症する可能性があります。

原因ははっきりとわかっていませんが、加齢に伴い、肩関節のまわりにある筋肉、腱の老化、肩周辺の組織がかたくなるなどの変化が起こることで、炎症や痛みが起こるものと考えられています。

40歳を過ぎる頃から、肩に重圧感、コリや痛みが現れるようになり、そうしているうちに、肩の動きが悪くなります。日常生活の中では、例えば、髪を整えようとしたり、シャツを着ようとした時に痛くて肩が上げられなかったりします。

症状として、肩の周辺から指先まで、突然に激しい痛みが発生し、痺れるような激しい痛みが数日間~数週間くらい続きます。その後、激しい痛みから鈍い痛みに変わりますが、肩が動かしにくくなります。一般的には、数週間から6ヶ月くらいで症状は軽減していきますが、関節の動く範囲は狭くなってしまいます。

激しい痛みのある時は、必要に応じて鎮静剤などを利用し、安静にして過ごしましょう。鈍い痛みに変わり落ち着いてきたら、少しずつ動かすように心がけましょう。そして、冷えると痛みが強くなることがあるので、肩関節を冷やさないようにすることが大切です。

痛みが繰り返し起こる場合や、痛みがひどい場合には、違う病気が潜んでいる可能性もありますので、早めに医師の診察を受けたほうがよいでしょう。

普段から猫背の人は、重心が前のめりになって体にゆがみが生じやすいため、四十肩・五十肩のリスクが高まります。猫背になりやすい人は、普段から正しい姿勢を意識するとよいでしょう。
また、体の冷えや精神的なストレス、睡眠や食事といった毎日の生活習慣が不規則なことも良くないといわれているので、気をつけましょう。

漢方薬で四十肩・五十肩の症状を改善する

痛みを和らげ、自然治癒力を高めていく意味で、次のような漢方薬が考えられます。

桂枝加朮附湯(けいしかじゅつぶとう)

桂枝加朮附湯(ケイシカジュツブトウ)は、体力が低下している人の頭痛や寒気、排尿障害、手足の関節痛や腫れなどを使用目標に、慢性の神経痛やリウマチ、関節炎、手足や顔面のマヒなどを治療するために用いられる漢方薬です。

桂枝湯(ケイシトウ)に蒼朮(ソウジュツ)と附子(ブシ)を加えた処方です。桂枝湯は、汗が出やすくて、顔色があまりよくない、虚証タイプの人に向けた軽い散剤ですが、これに燥性で発散性の蒼朮と附子を加えたものが、この桂枝加朮附湯です。

桂枝加朮附湯には、主薬の桂皮をはじめとした、次の7種類の生薬のエキスが含まれています。
桂皮(ケイヒ)、芍薬(シャクヤク)、蒼朮(ソウジュツ)、大棗(タイソウ)、甘草(カンゾウ)、生姜(ショウキョウ)、附子(ブシ)

穏やかな発汗作用のある桂皮、痛みを和らげる芍薬、余分な水分を取り除く蒼朮、緩和作用のある甘草、体をあたため痛みをとる附子などが配合されています。

JPSの桂枝加朮附湯は、体内の湿毒を除き、全身の血行をよくし、体をあたためながら痛みを緩和する漢方薬です。桂枝加朮附湯エキスを、飲みやすく錠剤にしています。

冷え症で、手足の関節や筋肉が腫れて痛み、曲げ伸ばしが困難な人に使用します。尿量が減少して、冷えると調子の悪さが増したり、マヒ感がある人にも使用します。

効能・効果

関節痛や神経痛の改善。
体をあたため、水分の代謝を良くすることで、手足の痛み、しびれ、関節痛などの症状を改善していきます。体力が無く、冷え症で、寒さや冷たさによって症状が増悪する人に適しています。

用法・用量

次の量を1日3回、食前または食間に水か白湯で服用します。

  • 大人(15歳以上)・・・1回4錠
  • 7歳以上15歳未満・・・1回3錠
  • 5歳以上7歳未満・・・1回2錠

※5歳未満の幼児には服用させないでください。

▼ 桂枝加朮附湯 エキス錠(ジェーピーエス製薬)の詳細、購入についてはこちら。

関節リウマチ

「リウマチ」という言葉には痛みが走るというような意味があって、関節リウマチは、関節の内側にある滑膜が炎症を起こし、腫れや痛み、こわばりなどの症状が現れる病気です。放っておくと関節が壊れて変形してしまいます。

原因ははっきりわかっていませんが、遺伝的な要素や体質的な問題、そこにウイルスなどの刺激が加わって、免疫の異常により起こると考えられている、自己免疫疾患のひとつです。患者の多くは30歳~50歳代の女性ですが、60歳を過ぎてからや、20歳未満でも発病する人もいます。

関節リウマチの初期には、全身のだるさ、貧血、体重の減少、手足のしびれなどが現れますが、こういった症状は他の病気でもみられるために、発病したばかりの時期の診断は難しい病気です。次に、関節の痛みや腫れが起こります。朝起きたときに手足の指がこわばり、関節が左右対称的に(両手、両足に出ます)腫れ、痛みます。

病気の経過としては、患者の60%くらいの人が症状の軽快と再発を繰り返しながら、次第に関節の変形が進行します。そして30%の人が1~2年すると治ったような状態になり、残りの10%くらいの人は短期間で強い炎症が起こったりして、関節の変形が進むといわれています。

関節リウマチによる関節の激しい痛みやこわばりは、患者本人にとって非常につらく、深刻な問題です。また、関節リウマチの患者は、ほかの自己免疫疾患などのさまざまな合併症を起こす可能性があります。こうしたことから、痛みなどの症状を緩和するだけでなく、関節が破壊されるのを食い止め、ほかの合併症があれば、そちらもきちんと治療することが大切です。

現在のところ、原因不明な点が多いため根本的な治療の方法というのは無いのですが、適切な治療を受けることによって病状を抑えることができます。気長に治療をしていきましょう。

漢方薬で関節リウマチの症状を改善する

関節リウマチは老人のかかる病気だと思われがちですが、若いうちに発病することもあります。原因がはっきりしないことから、治療法はおもに、できるだけ日常生活に支障なく過ごせるような対処法になります。漢方薬を用いた場合も時間がかかりますが、次のような薬が考えられます。

大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)

大黄甘草湯(ダイオウカンゾウトウ)は、漢方の原典である「金匱要略」に記載されている漢方薬で、便秘、特に常習性便秘や、頭重・のぼせ・腹部膨満感・腸内異常発酵といった便秘にともなう諸症状の緩和に用いられています。

漢方薬は普通、体質の違いや体力の有り無しによって向き不向きがあるものですが、大黄甘草湯は体力の有無に関係なく服用できる薬です。

ツムラの漢方便秘薬 大黄甘草湯 エキス細粒は、大黄甘草湯から抽出したエキスからつくられた、服用しやすい細粒タイプの便秘薬です。大黄(ダイオウ)、甘草(カンゾウ)の2種類の生薬の乾燥エキスが含まれています。

効能・効果

便秘、便秘にともなう頭重・のぼせ・食欲不振・腹部膨満感・腸内異常発酵・痔・ふきでものなどの症状の緩和。

用法・用量

次の量を、1日2回、食前にお湯または水で服用します。
成人(15歳以上) 1回1包 (1.875g)
15歳未満7歳以上 1回2/3包
7歳未満4歳以上 1回1/2包
※4歳未満の幼児には服用させないでください。また、小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。

漢方便秘薬 大黄甘草湯 ウチダの大甘丸は漢方処方にしたがって,生薬粉末を配合して丸剤としたものです。

膀胱炎(ぼうこうえん)

膀胱炎(ぼうこうえん)は、膀胱の粘膜が大腸菌などの細菌の感染によって炎症を起こす病気です。男性よりも女性に多く起こります。女性に多いのは、男性より女性のほうが尿道が短く、膀胱内に外陰部の細菌が簡単に侵入できてしまうためです。これは急性膀胱炎といいますが、何度も繰り返して慢性化することもありますから、注意が必要です。

細菌が感染するものだけでなく、体が冷えたり風邪をひいた後など、またストレスによっても発病することがあるのですが、膀胱内に細菌が侵入したとしても、粘膜の自浄作用や排尿をすることによって自然に治まっていくこともあります。排尿はこの意味で大切なことであり、普段の生活をしているとなかなかトイレに行きにくい状況というのもあるとは思いますが、がまんするのはとても良くありません。体力や抵抗力が落ちているときには特に注意しましょう。

急性膀胱炎の症状としては、トイレが近くなり、おしっこをしたときに痛む、尿が白っぽくにごるなどの症状があります。尿意を感じる回数が増えるのですが排尿しても残尿感があります。尿がにごるのは白血球が増えるためですが、血尿が出る場合もあります。そして、つらいのが排尿痛です。排尿の終わりに尿道口に強い痛みを感じるのですが、焼けるように痛みます。

ほかには、下腹部が張った感じがしたり、まれにですが、微熱が出ることがあります。もし、38度以上の高熱が出た場合は、悪化して、腎盂腎炎(じんうじんえん)などの病気を併発している可能性がありますので注意が必要です。普通は数日で治るものですが、軽いうちに専門医を受診すると良いでしょう。

漢方薬で膀胱炎の症状を改善する

漢方薬の使い方は、膀胱炎の原因となる下半身の冷えや尿の状態の異常に対し考えます。急性膀胱炎の場合には、水分を多めにとって尿の量を増やすことが大切です。

  • 猪苓湯(ちょれいとう)
    のどが渇き水分をとっても尿量が少ないときに用います。排尿痛が強いとき、尿に血が混じるときにも効果的です。
  • 五淋散(ごりんさん)
    特に排尿痛が激しいときに用います。トイレが近い、尿が出にくい、にごる、血が混じるなども目標になります。
  • 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
    女性の冷えや貧血などの体質改善に使われる漢方薬です。体力があまり無い人の冷えや神経的な原因による頻尿を改善していきます。

柴芍六君子湯(さいしゃくりっくんしとう)

柴芍六君子湯(サイシャクリックンシトウ)は、胃腸の機能を補って、水をさばく六君子湯(りっくんしとう)に、柴胡(サイコ)と芍薬(シャクヤク)の2つを加えた処方です。

基本的には六君子湯のはたらきをもっているのですが、そこに鎮痛作用をプラスした処方であり、肝の気を巡らせストレスの影響を軽減する柴胡(サイコ)と、筋肉の緊張をやわらげ痛みを止める芍薬(シャクヤク)が加えられているので、ストレスなどが加わることによって痛みを伴う消化器疾患に対し、良い結果を得ることができるでしょう。

貧血気味で、消化力が低下して、胃もたれ・食欲不振をともなう胃腸虚弱、慢性胃炎、胃下垂、胃アトニー、胃潰瘍の回復期などに用います。また、ほかに、肝炎、肝硬変、急性膵炎などで体力が低下した場合にも用います。

柴芍六君子湯は、柴胡(サイコ)、芍薬(シャクヤク)、白朮(ビャクジュツ)、人参(ニンジン)、半夏(ハンゲ)、茯苓(ブクリョウ)、大棗(タイソウ)、陳皮(チンピ)、甘草(カンゾウ)、生姜(ショウキョウ)の10の生薬で構成されています。

用法・用量

次の量を、1日3回、食前または食間に、水かお湯で服用します。(食間とは、食後2~3時間を指します。)
大人(15歳以上):1包または2.0g
15歳未満7歳以上:2/3包または1.3g
7歳未満4歳以上:1/2包または1.0g
4歳未満2歳以上:1/3包または0.7g
2歳未満:1/4包または0.5g
※生後3ヵ月未満の乳児には服用させないでください。

▼ 柴芍六君子湯 の詳細、購入についてはこちら。

尿路結石

尿路(にょうろ)とは体内でつくられた尿が体外へ排出されるまでの通路のことで、腎臓、尿管、膀胱(ぼうこう)、尿道がそれに当たります。そして、この尿路の間に石ができることを結石(けっせき)といい、石が引っかかったり、詰まったりすることで起こる障害が尿路結石(にょうろけっせき)となります。

日本人では腎臓と尿管に結石がある「上部尿路結石」が多く、尿路結石の90パーセント以上を占めているといわれています。結石によって起こるおもな症状には、尿が出にくい、わき腹から下腹部にかけての激痛、尿に血が混じる血尿などがあります。しかし、腎臓に結石がとどまっている状態だと、まったく症状がないケースもあるのです。
加齢や前立腺肥大症などによっても似たような症状が起こりますから、尿の状態がおかしいと思うことがあったら、泌尿器科を受診するとよいでしょう。

尿路に石ができるのは、尿の中のさまざまな成分が沈殿し、それらが徐々に大きくなるためです。結石が大き過ぎると腎臓から尿管に入らないために痛みは少ないといわれ、小さいほうが痛みが強いですが、これは、取り出しやすく治りやすいということになります。

治療しても、尿路結石の再発を繰り返す人がいます。こういった場合には、結石の成分を調べたり、原因になっている病気を調べて治療することが大切です。

自分でできる結石の予防や症状の改善は、食生活や運動が基本になります。食事では、肉類などの動物性タンパク質の量を控えめに、野菜類を多くしたメニューを取り入れましょう。また、ストレスを抱えることも影響するので注意しましょう。

漢方薬で尿路結石の症状を改善する

尿路結石の強烈な痛みを漢方薬だけで鎮めることは難しく、鎮痛剤などに頼らなくてはならないこともあります。しかし、再発する人の体質改善に期待がもてます。

  • 猪苓湯(ちょれいとう)
    尿の出が悪く、血尿があって、痛みにも効きます。阿膠(アキョウ)の作用で血尿を止め、滑石(カッセキ)の作用で文字どおり滑りが良くなり、石を排出しやすくします。
  • 芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)
    さまざまな痛みを止めるのに用います。筋肉のけいれんや緊張をほぐすので痛みを抑え、結石の排出に役立ちます。

猪苓湯(ちょれいとう)

猪苓湯(チョレイトウ)は、尿量を増やして悪いものを洗い流す力を高める漢方薬です。 尿量の減少、尿が出にくい、残尿感があるといった症状に効果があります。また、排尿時の痛みを緩和します。

私たちの体に腎臓・膀胱の疾患があったり、体の組織や臓器などに水分が停滞して特定の箇所に偏っていたり、また尿路に炎症があったりすると、尿量が減少し、尿が出にくく、排尿痛や残尿感などの排尿異常の症状があらわれます。

膀胱は腎臓のはたらきと密接な関係があり、体内の水液を貯留・排泄する作用があります。漢方では、膀胱に尿をためておく、出すというはたらきは「気」の流れによるもので、外から悪いものが入り込むことや体が冷えることによって、尿が出にくくなると考えられています。

猪苓湯は、漢方の古典である医書『傷寒論(しょうかんろん)』、『金匱要略(きんきようりゃく)』に記載されている薬方です。主薬の猪苓(チョレイ)のほか、茯苓(ブクリョウ)、沢瀉(タクシャ)、滑石(カッセキ)、阿膠(アキョウ)の5種類の生薬で構成されています。
主薬の猪苓には、下腹部の熱を冷まして、利尿効果を高め、のぼせを解消する効果があります。滑石は、尿道の滑りを良くし、尿の出の悪さや尿量の減少、口の渇きを改善します。阿膠には、出血を止めたり、血液を増やす作用があります。また、精神の不安定を改善する鎮静効果もあります。

ツムラ漢方の 猪苓湯 エキス顆粒A は、猪苓湯から抽出したエキスより製られた、服用しやすい顆粒タイプのおくすりです。

効能・効果

尿量が減少し、尿が出にくく、排尿痛あるいは残尿感のあるもの。

用法・用量

次の量を1日2回、食前に、水かお湯で服用します。
成人(15歳以上)・・・1包(1.875g)
7歳以上15歳未満 ・・・2/3包
4歳以上 7歳未満 ・・・1/2包
2歳以上 4歳未満 ・・・1/3包

※小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。また、2歳未満の幼児には、服用させないでください。

▼ 猪苓湯 エキス顆粒A (ツムラ)の詳細、購入についてはこちら。

腎炎

腎臓は体内の水分の質や量のバランスを整えている臓器で、腎臓の濾過(ろか)装置である糸球体という部分が感染によって炎症を起こす病気を腎炎といいます。発病は細菌の感染によるもので、風邪や急性扁桃炎にかかってこれらが治る頃に腎炎の症状があらわれます。腎炎の症状としては、まず、顔にむくみがでます。しかし、急性腎炎の場合はむくみが無いこともありますから、これだけでの判断はできません。

体がむくむというのは尿が出にくいために起こるものですから、尿量が少ないというのも特徴的な症状のひとつです。さらに、血圧が上昇したり、口の渇きがあらわれることもあります。そして、尿検査をすると、目には見えない血液やタンパク質が認められます。

急性腎炎では、発病してから一週間くらいは、絶対安静が必要です。急性腎炎が生命の危険にかかわるようなことはほぼありませんが、繰り返したり、早めに対応しておかないと慢性化してしまい、非常に治りにくくなるのです。また、血圧の上昇や尿量の減少から急性尿毒症が引き起こされると危ないので、専門医の治療を受けましょう。

漢方薬で腎炎の症状を改善する

むくみがある、尿の出が悪いときには

血尿、タンパク尿には

  • 猪苓湯(ちょれいとう)
    尿意はあるけれど尿が出にくい、排尿痛や血尿があるときに用います。
  • 柴苓湯(さいれいとう)
    むくみがあり、吐き気や食欲不振、発熱などがあるときに効果的です。のどの渇きや、みぞおちから脇腹にかけての圧迫痛にも良いです。

小半夏加茯苓湯(しょうはんげかぶくりょうとう)

妊婦さんの中には、新しい命を授かり喜びが多い反面、つらいつわりとたたかわなくてはならない人もいるでしょう。

小半夏加茯苓湯(ショウハンゲカブクリョウトウ)は、妊娠中の女性のつわりの症状に対し、効果をあらわす薬です。吐き気をおさえ、体を楽にします。

吐き気をおさえる半夏(ハンゲ)と生姜(ショウキョウ)、余分な水分を取り去る茯苓(ブクリョウ)の3種類の生薬からなります。

小半夏加茯苓湯が向いているのは、体力は中くらいで、胃に水分が停滞して、チャポチャポしているような人です。体質によっては効果的でない人もいます。

漢方で悪心や嘔吐を止める薬というと、まず半夏が考えられます。ただ、半夏を口に入れるといがらっぼくて不快感を伴うので、半夏を用いる場合は刺激を緩和するため生姜を合わせます。こうすることによって、副作用を抑えるだけでなく作用を助けるのです。

嘔吐は、漢方医学の考え方では、余分な水が胃に停滞し、それが下りずに吐くものと考えられていますが、茯苓には胃内の水の停滞を除いて、動悸をしずめる作用があると考えられています。
こうして、小半夏加茯苓湯は、処方全体として、悪心・嘔吐で苦しむ場合の鎮静剤となります。

サンワの小半夏加茯苓湯 エキス細粒は、漢方処方「小半夏加茯苓湯」の水製エキスを、服用しやすいよう細粒にして、分包したものです。

効能・効果

体力に関わらず使用でき、悪心があり、ときに嘔吐するものの次の諸症:つわり、嘔吐、悪心、胃炎

用法・用量

次の量を1日3回、食前または食間に、水かぬるま湯で服用します。

  • 成人(15歳以上):1包
  • 7歳~14歳:2/3包
  • 4歳~6歳:1/2包

※ 4歳未満の幼児には服用させないでください。また、小児に服用させる場合には保護者の指導監督のもとに服用させてください。

▼ 小半夏加茯苓湯 エキス細粒 分包 (三和生薬) の詳細、購入についてはこちら。