皮膚の病気

水虫(みずむし)は、白癬菌(はくせんきん)というカビが皮膚に繁殖して起こる病気です。この白癬菌は手や体のほかの部分にも感染しますが、90パーセント近くは足で、特に足の指に発生します。菌が足に繁殖しやすいのは、靴や靴下をはいて足がむれ、 ...

皮膚の病気

じんましんでは、強いかゆみが起こり赤い発疹ができます。発疹は、赤みを伴って扁平(へんぺい)に隆起した円形や楕円形、地図状などに見えます。かゆいところをかくと、ミミズ腫れのようになります。こうした症状の多くは一過性のもので、数時間ほどで ...

関節と骨の病気

関節に痛みが起こる原因は、スポーツなどで関節に負担がかかったときや傷めたとき、病気では関節リウマチや感染性関節炎、痛風などによるものといろいろありますが、日本人に最も多く発症しているのは、変形性関節症(へんけいせいかんせつしょう)です ...