加齢黄斑変性症に効果的なルテイン

加齢黄斑変性症と植物成分の「ルテイン」について

加齢黄斑変性というのは、病名からもわかるとおり、加齢が原因で起こる眼疾患のひとつです。
欧米などでは、主要な失明原因のひとつとして よく知られていますが、急激な高齢者人口の急増により、日本でも患者数が増加しております。患者数は、男性の方が多く年齢が高くなるにつれて増加し、また、両目に発症する割合も同時に高くなっています。 加齢黄斑変性症は、症状が悪化すると、失明という深刻な事態を招きかねない眼疾患であるにもかかわらず、一般にはまだまだ基礎知識すら浸透していません。
加齢黄斑変性症の基礎知識とこの病気に対して非常に有効な「植物成分、ルテイン」についてまとめています。

加齢黄斑変性とは?

加齢黄斑変性は、網膜の中心部である黄斑部が損傷することが原因です。そのため、物を見ようとしたときに視野の中心部が最も影響を受けます。進行とともに次のような症状があらわれます。

初期症状

  • 変視症…視野の一部がゆがんで見えます

進行期の症状

  • 視力低下…みたい部分がぼやけて見えます
  • コントラスト感度の低下…全体的にものが不鮮明に見えます。
  • 中心暗点点見た部分が暗くなって見えます。

歳をとればかかる可能性があります

日本では、加齢黄斑変性を主とした黄斑変性症は、視覚障害者の原因疾患の第4位です。この疾患の主な原因は、加齢や生活習慣の欧米化などです。
欧米では以前より主要な失明原因となる怖い病気として知られていましたが、日本でも高齢者の増加に伴って患者も急増しています。

視覚障害者交付の原因疾患

  1. 緑内障
  2. 糖尿病性網膜症
  3. 網膜色素変性
  4. 黄斑変性症
  5. 高度近視
特に喫煙者に多く報告されています。

眼の構造と働き

眼に入った光の情報は、「角膜」「瞳孔」「水晶体」「硝子体」を通り、「網膜」の上に像を結びます。その情報は、「視神経」を通じ、脳に伝えられ、最終的には、映像として 認識されます。眼の働きはしばしばカメラにとられら、水晶体はレンズ、網膜はフィルムの働きをしているといえます。

検査方法について

加齢黄斑変性の疑いがある場合には、眼科を受診しますが、どのような検査を行うのでしょうか。一般的に問診でどのような症状か、症状の経過、今までにかかったことのある眼病、家族歴、喫煙歴、現在治療中の病気などが問診されます。次に視力検査を視力表をもちいて測定します。次は眼底検査です。検眼強などの器具を用いて、眼底にある網膜の状態を調べます。
医師が直接、眼底を診察したり、写真を撮影するなどの場合もあります。
次は、蛍光眼底撮影です。蛍光色素を上の静脈に注射し、眼底カメラで血管の異常や検査を行います。新生血管や新生血管からもれた血液がどこの部位からであるかを診断します。

治療について

加齢黄斑変性は、黄斑部の機能が加齢等の原因によって障害される疾患ですが、脈絡膜から発生する新生血管(脈絡膜新生血管)の有無で「滲出型」と「萎縮型」に分類されます。

新生血管は、非常にもろく破れやすいため、出血を起こしたり、血液中の成分がもれたりして急激な視力低下の原因になります。

抗血管新生療法

体の中には、脈絡膜新生血管の成長を活発化させるVEGF(血管内皮増殖因子)という物質があります。抗血管新生療法は、このVEGFの働きを抑える 薬剤を眼内に注射することにより新生血管の増殖や成長を抑制する治療法になります。

光線力学的療法

光に反応する薬剤を体内に注射した後に病変部にレーザーを照射する治療法です。弱いレーザーによって薬剤を活性化させ網膜へのダメージを抑制しながら新生血管を退縮させます。
継続的に行う治療法で、初回の治療実施後は、3ヶ月ごとに検査を実施します。

「光力学療法」「光線力学療法」と呼ぶ場合もあります。

レーザー光凝固術

新生血管をレーザー光で焼き固める治法です。新生血管が中心窩にない場合の治療法として確立されていますが、正常な周囲の組織にもダメージを与えてしまう問題があります。新生血管が中心窩にある場合は行いません。

予防のために

とにかく禁煙。そしてサプリメント(ルテイン)を使用する場合もあります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ