環境を構築」カテゴリーアーカイブ

マニュアル設定でMacをWi-Fi接続

MacもWindows同様にWi-Fiへの接続前に準備が整っているかすべて確認します。MacのWi-Fi対応については、以下のとおりです。
Wi-Fi接続の手順

  • 「このMacについて」などでMacがWi-Fiに対応しているかどうか事前に確認します。対応していない場合は、Windows同様、子機を使用することになります。
  • ルータに各種ケーブルを接続、電源を入れて利用できる状態にしておきます。アンテナはパソコンの方に向けて調整しておくことも忘れないようにします。
  • SSIDとPINコード、安吾かキーなどルータに貼られているシールを参照します。

AirMacアイコンからWi-Fiに接続

MacでのWi-Fi接続設定は、Windowsよりも簡単で導入しやくなっています。メニューバーにAirNacアイコンが表示されているので、クリックします。開いたコンテクストメニューに周辺の接続可能なSSIDがすべて表示されるので、ルータ本体に記載されている文字列同じものを選ぶ。続いてパスワード入力ウィンドウが表示されて、13桁の数字入力が求められます。暗号化キーならそのまま入力するが、PINコードは8桁しかないので、認証できない。そのため、記載されていた8桁に頭の5桁を加えた13桁を入力する必要があるのでこれをしっかり覚えておきたい。「ネットワークを記憶」にチェックを入れておけば次回の接続から自動で接続可能になります。
手順

  1. メニューバーのAirMacアイコンをクリックして、受信できるSSIDを表示。ルータに記載されているものと同じSSIDを選び次へすすめる。
  2. パスワードの入力を求められるので、暗号化ーを入力する。ルータにPINコードの記載しかないときは、8桁に頭の5桁をプラスした13桁の数字を入力する。
  3. AirMacアイコンが黒に変わったら、接続は完了。メニューを開いて指定したSSIDに接続されているかも確認しておくこと。

セキュリティ強化のためにファイヤーウォールを使用

Wi-Fi接続は、セキュリティも考慮する

ファイヤウォールは、外部からの受信接続をブロックすることで、ウィルスの侵入やデータ流出を防止してくれる機能です。有線での接続に比べてWi-Fi接続は、どうしても不安が残るため、自己責任で防衛しなければなりません。
Macには標準でファイアーウォールが搭載されているので、まずは基本的な防衛策としてこれを利用しましょう。システム環境設定の「セキュリティ」を開いたら「ファイヤーウォール」」タブで「開始」をクリックするだけで準備完了です。詳細では、登録したソフトごとに受信接続の許可/ブロックを設定できます。ステルスモードを有効にすれば、不明な接続に対してすべて反応しなくなります。

MacのWi-Fi接続を高速化する

有線と比べてのデメリットは回線の速度ですが、ルータから離れた位置に設置したり、障害物などがある場合に利用したいのが、フリーソフトのdolipoです。
起動時に表示されるプロキシをネットワーク設定の「webプロキシ」と「保護されたwebプロキシ」に入力するだけで、ネット接続が速くなります。

マニュアル設定でWindowsをWi-Fi接続

事前の準備を万全に行っておけばマニュアル設定も難しくありません。事前の準備は以下3項目です。

    WindowsのWi-Fi対応

  • デバイスマネージャーなどでパソコンがWi-Fiに対応しているか、事前に確認します。対応していない場合は、子機を利用すれはWi-Fi接続可能です。
  • ルータの接続

  • ルータに各種ケーブルを接続語、電源を入れて利用できる状態にしておきます。アンテナは、パソコンの方向に向けておきます。
  • SSIDの確認

  • SSIDとPINコード、暗号化キーなどはルータに貼られているシールに記載されています。管理画面からもこれらの情報を調べることができます。

実際にWi-Fi接続してみる

SSID、PINコード認証で接続

WindowsでのWi-Fi接続設定は、「コントーロールパネル」の「インターネットへの接続」から開始します。接続方法を問われるのでここは、迷わずに「ワイヤレス」を選択します。するとタスクトレイに表示されている無線LANアイコンのメニューが表示され、受信しているSSIDがすべて表示されます。確認してあるルータのSSIDを選んで「接続」する。
慣れてくると、無線LANアイコン→SSIDを選択という方法でも接続可能です。SSIDを選択したら、暗証番号となるPINコードを入力します。本体に記載されているのがPINコードでなく暗号化キーの場合には、かわりにセキュリティキーを使用して「接続」をクリックします。認証が完了すればWi-Fiへの接続が完了です。

手順のまとめ

  1. 「スタート」メニューから「コントーロールパネル」を開く。左のネットワークとインターネットのメニューから「インターネットへの接続」を開く。
  2. インターネットへの接続方法を「ワイヤレス」と「ブロードバンド」から選択する。ここでも「ワイヤレス」を選択。
  3. 通信可能なSSIDが表示されるので、時背xんに調べたものを選んで「接続」をクリック。表示されない場合には、ルータの電源が入っているかどうか確認。
  4. 暗証番号の入力ウィンドウが表示されるので、SSIDともに記載されていたPINコードを入力して認証を行う。
  5. タスクトレイからネットワークを確認して、「接続」と表示されればWi-Fi接続は完了。無線LANアイコンに警告が表示されていても識別が完了すると自然に消える。

ネットワークを利用する場所を設定

Windows 7には、ネットワークの場所を指定することでセキュリティレベルを自動的に設定する機能があります。
初期設定では、「パブリックネットワーク」になっているが、家庭での利用に限定している場合には、「ホームネットワーク」に変更してよいでしょう。
同一のネットワークに接続すれば、自宅にあるほかのパソコン内を検索する「ネットワーク探索」機能などが使えるようになります。

ホームネットワーク 自宅での利用に最適な設定です。同一ネットワーク上にあるデバイス内のファイル検索やファイル共有が可能。
社内ネットワーク 小規模なオフィスでの利用に最適。ネットワーク探索は有効だがホームグループは作成できない。
パブリックネットワーク 公共の場所での利用を想定。同一ネットワーク上にあってもほかのデバイス内にアクセスすることはできない。モバイルルータの利用時にもこの設定を選択する。
  1. タスクトレイの無線LANアイコンから「ネットワークと共有センター開く」をクリック。「アクティブなネットワークの表示」内の「パブリックネットワーク」をクリックする。
  2. 3つの項目からネットワークの場所を選択する。自宅であれば、「ホームネットワーク」に変更。
  3. 「ネットワークと共有センター」の「アクティブなネットワークの表示」が「ホームネットワーク」に変わっていれば設定は完了。設定はいつでも変更できる。

らくらく無線スタートEXでWi-Fi接続

「らくらく無線スタート」は、NECが独自に開発した接続方式です。親機に設置されたボタンを押すだけの簡単操作で初心者でも簡単に設置できます。対応しているWi-Fi子機であれば、特に設定をすることもなくすぐに繋がります。高速通信規格にも対応し、安定した通信が可能です。
450Mbps対応で映像に強い高速ネットワークのNEC Aterm WR9500N[HPモデル] PA-WR9500N-HP 設定方法を例にあげると、次のようになります。

  1. OSに対応した「らくらく無線スタートEX」をダウンロードし、解凍後、セットアップします。表示のダイアログに従ってインストール。ファイヤーウォールの例外に設定するのを忘れないようにします。
  2. ソフトを起動して設定画面を開きます。また、パソコンのワイヤレス無線機能がオフになっている場合、オンにするように促すダイアログが表示されます。
  3. ダイアログに待ち受け中と表示されたら、親機のらくらくスタートボタンを押します。60秒以内に実行しないと接続操作はキャンセルされてしまうので注意します。キャンセルされてしまった場合には、最初からやり直します。
  4. POWERランプが点滅したらボタンを離します。緑色の点灯に変われば接続が確立されたという合図です。
  5. Macの接続設定は?

    Macの場合も手順はほとんど同じです。らくらく無線スタートEXからファイルをダウンロードし、解凍後、セットアップします。
    「機器の検索」まで進んだら親機のらくらくスタートボタンを押します。POWERランプが緑色の点滅になればボタンを離します。その後、オレンジ色の点滅になったら再び押します。緑色になれば完了です。