多用なフォーマットに対応した(Vix)

デジカメ写真やイラストを整理して鑑賞

自分で撮影したデジカメ写真やイラストなど、フォルダにお気に入りの画像を集めている人は多いだろう。中には、複数のフォルダで画像を細かくジャンル分けしている人もいるかも知れない。しかし、そうして集めた画像も、見たいときにすぐに鑑賞できなければ意味がない。Windows標準機能のエクスブローラーでは、残念ながらスムーズに画像の閲覧ができない。ここは是非、画像を見ることに特化した無料のソフト「Vix」を使ってみたい。総合画像ビューアの実力を試したい。

メニュー
データの編集や保存、表示モードの切り替えができる。アイコン付きの操作パネル。
エクスプローラー
画像を見たいフォルダを展開できる。Windowsの純正環境に近く、使いやすい。
カタログ画面
展開したフォルダ内の画像を一覧表示できる。ここで開いた画像はスライドショーでも楽しめる。

フォルダ単位で自由に閲覧

「Vix」のインターフェースは、操作の分かりやすさに注力して作られている。そのため、豊富なアイコンを多用したり、ファイル操作ではWindows標準のエクスブローラーを踏襲している。まずはエクスブローラーで見たい画像のフォルダを開き、カタログで一覧表示。見たい画像は、ダブルクリックで拡大表示する。また、スライドショー機能を使えば、フォルダ内の画像をクリック操作無しで順番に表示できる。一時停止や速度変更も可能だ。

画像形式の変換も可能

P 開いている画像形式の変換も可能で容量の重い画像は、JPEG やPNG に変換して容量を軽くしてみよう。複数ファイルの一指変換も可能だ。
メニューの「画像」にある「フォーマット一括変換」を使用すれば、フォルダ内の全画像を一括して変換することができる。

サムネイル印刷も

サムネイル状態で画像を一覧表示すると、目当ての画像が探しやすいばかりでなく、カタログ的に複数のファイルを閲覧することもできる。 このソフトでは、このカタログ状態で印刷することも可能だ。 学術的なレポートの作成やビジネスシーンでのサンプル確認など、あらゆる場面で利用できる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください