フォトレタッチソフト(Paint.NET)

レタッチ技術をあげるために

Paint.NETは、はレタッチに必要な最低限の機能を備えたソフト。「最低限」といっても、ちょっとしたペイントソフトのようなものではなく、本格的な使用にも十分な性能。
さまぎまなフィルタ機能のほか、需要の高い「赤目補正」もしっかり搭載。レイヤーを駆使することで、「Photoshop」のような高度な操作を行うことも可能。ただし、「Framework 3.5 Service Pack 1が導入されていないと動作しないので事前にインストールしておきたい。

ツールバー
基本機能のほとんどが登録。
メイン
メインウィンドウ
加エする画像はここに表示される。
色ウィンドウ
「塗りつぶし」などで使用する色はここで設定。
レイヤーウィンドウ
レイヤーの追加やコピーなどを行う。

フィルタ、色合い調整

  • 「鉛筆スケッチ」…輪郭を鉛筆のようなタッチで描き出す。線の太さや漉さの設定
    が可能。
  • 「左右水平反転」…写真に映し出された対象の左右を入れ替える。多少、ゆがみが
    生じることもある。
  • 「ズームのぽかし」…フレームの外側から中心に向かう、集中線のような効果を与え
    る。迫力のある構図などに使おう。
  • 「セピア」…レタッチソフトでは定番の機能。同様の機能として、「ポートレイト
    のぽかし」がある。
  • 「シャープ」…画像の全体もしくは選択した範囲をシャープにする機能。ピンぼ
    けも多少は横和できる。
  • 「スタンプ」機能…シミ・そばかすなどを消すことができるほか、赤目補正も行うこ
    とができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください