関節と骨の病気

関節に痛みが起こる原因は、スポーツなどで関節に負担がかかったときや傷めたとき、病気では関節リウマチや感染性関節炎、痛風などによるものといろいろありますが、日本人に最も多く発症しているのは、変形性関節症(へんけいせいかんせつしょう)です ...

関節と骨の病気

私たちの背骨の腰の部分には椎骨という骨があり、この椎骨と椎骨の間には椎間板(ついかんばん)があって、重力の負担をやわらげるクッションの役割をしています。

椎間板の内部には髄核(ずいかく)というゼラチン状の組織があり、そのま ...

関節と骨の病気

四十肩・五十肩は、医学的には「肩関節周囲炎」と呼ばれる病気です。40歳代、50歳代と発症する年齢が違うので呼び方も違いますが、どちらも同じ加齢による現象です。中高年になったら、多くの人に発症する可能性があります。

原因はは ...