続命湯(ぞくめいとう)

続命湯は、金匱要略(キンキヨウリャク)という漢方の古典に記されている漢方薬です。半身不随や麻痺(まひ)によって自分で自分の身体を動かすことができない、言おうとしても言葉が出てこない、痛いところがはっきりしない、手足がひきつって寝返りもできないものを治す、というようなことが記されていて、これは現代でいえば脳卒中の後遺症に悩む人に良いことがわかります。

脳卒中には、大きく分けると、ドロドロの血の塊が脳の血管を詰まらせる脳梗塞と、もろくなった脳の血管が破れて出血する脳出血があります。こういった脳血管疾患は、高血圧や高脂血症などの疾患があると発症のリスクが高まり、手足がしびれる、言葉がもつれるなどの障害が病後に残ることもあるので普段から注意が必要になります。

昔と比べ食生活が豊かに便利になった現代人には、糖尿病、高血圧、肥満、高脂血症などの生活習慣病にかかる人が増えています。こうした病気がある人は脳内の血流も滞りやすく、それに伴って、耳鳴りやめまい、頭痛、肩こりなどの症状が現れます。続命湯は、脳の血流を良くすることによって、これらの症状を改善していきます。また脳卒中の発作後は、薬を服用するのが早ければ早いほど症状の回復に期待ができます。

続命湯は、主薬の当帰(とうき)、川芎(せんきゅう)、桂皮(けいひ)をはじめ、麻黄(まおう)、石膏(せっこう)、杏仁(きょうにん)、人参(にんじん)、甘草(かんぞう)、生姜(しょうきょう)の9種類の薬草からできています。

概要

小太郎漢方製薬の続命湯 エキス散「コタロー」は、お湯に溶けやすいエキス散剤です。
手足や顔面がしびれる、言葉がもつれるなどの症状があるときに用います。

効能・効果

言葉のもつれや手足の知覚がにぶり、しびれを伴う次の諸症:
耳鳴り、めまい、頭痛、頭重、肩こり、頭部圧迫感といった高血圧に伴う諸症状、関節痛や神経痛、むくみ

用法・用量

1日3回、次の量を食前または食間(食後2~3時間)に、水またはお湯で服用します。
成人(15歳以上)・・・1回に1包(2.0g)
※15歳未満は服用しないでください。

▼ 続命湯 エキス散「コタロー」 の詳細、購入についてはこちらから。