銀翹散(ぎんぎょうさん)

銀翹散(ギンギョウサン)は、漢方の古典といわれる中国の医書【温病条弁[ウンビョウジョウベン]】に収載されている薬方です。頭痛、のどの痛みや渇きをともなう初期の風邪や、急性扁桃炎に効果的です。

概要

クラシエ製薬の「銀翹散(ぎんぎょうさん)エキス顆粒A」は、かぜによるのどの痛みや頭痛・せきなどの症状に効果があります。

成分には、次の生薬のエキスが含まれています。
金銀花(キンギンカ)、連翹(レンギョウ)、薄荷(ハッカ)、桔梗(キキョウ)、甘草(カンゾウ)、淡竹葉(タンチクヨウ)、荊芥(ケイガイ)、淡豆鼓(タンズシ)、牛蒡子(ゴボウシ)、羚羊角(レイヨウカク)。

銀翹散の主成分の金銀花と連翹は、上半身にこもった熱を冷まします。薄荷、牛蒡子、荊芥、淡豆鼓、淡竹葉は、発汗や消炎、解熱作用で主薬のはたらきを助けます。

桔梗、薄荷、牛蒡子が肺の機能を整えて、淡竹葉と合わせてのどの渇きをいやし、痰(たん)やのどの痛みを和らげます。

寒気がなくて熱感が強い炎症性の風邪に効き、悪寒が強い人には向きません。

効能・効果

かぜによるのどの痛み・口(のど)の渇き・せき・頭痛

用法・用量

次の量を1日3回、食前または食間に水か白湯で服用します。
成人(15才以上)・・・1包
15才未満7才以上・・・1/2包
7才未満5才以上・・・1/4包
5才未満・・・服用しないこと
※小児に服用させる場合は、保護者の指導のもとに服用させてください。

▼ 銀翹散(ぎんぎょうさん)エキス顆粒A クラシエ の詳細、購入についてはこちら。