小青竜湯(しょうせいりゅうとう)

概要

小青竜湯(ショウセイリュウトウ)は、漢方の原典である『傷寒論(しょうかんろん)』、『金匱要略(きんきようりゃく)』に記載されている漢方薬です。鼻炎、鼻水、うすい水の様なたんを伴うせき、気管支炎、気管支ぜんそくなどに用いられます。

子供の気管支ぜんそく、小児ぜんそくには、柴朴湯(さいぼくとう)麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう)が向いています。

一元製薬の小青竜湯は、漢方処方である小青竜湯の生薬を抽出し、乾燥エキスにした、服用しやすい錠剤タイプの漢方薬です。水分代謝を整える作用があり、うすい水様のたんを伴うせきや鼻水、呼吸がゼエゼエする気管支ぜんそくなどの症状に効果的です。

効能・効果

鼻水、うすい水様のたんを伴うせき、気管支炎、気管支ぜんそく、鼻炎。

※小青竜湯にも含まれる「マオウ」という薬草を含む製剤をダイエットに用いることができるという噂がありますが、それは間違いです。危険ですので、ダイエットには使用しないでください。

成分

マオウ・シャクヤク・カンキョウ・カンゾウ・ケイヒ・サイシン・ゴミシ、ハンゲのエキスを含みます。

用法・用量

次の量を1日3回、食前1時間または食間の空腹時に服用します。
大人(15歳以上)・・・1回に4~6錠
15歳~7歳・・・1回に2~3錠
※7歳未満の子供には服用させないでください。

▼ 小青竜湯 しょうせいりゅうとう (イチゲン) の詳細、購入についてはこちら。

小青竜湯(しょうせいりゅうとう)」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 風邪

  2. ピンバック: 漢方薬一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください