Windows 8」カテゴリーアーカイブ

プログラムの削除と関連づけ

プログラムのアンインストール

パソコンにインストールされているプログラムの確認とアンインストールが行える。使わなくなったプログラムを残しておくのはディスク客土の無駄になるだけでなくセキュリティ上の弱点にもなるので、不要になったプログラムはその都度、アンインストールするようにするのがおすすめ。
また、修復に対応するプログラムであれば、ンインストール画面から修復することも可能だ。一般的なプログラムだけでなく更新プログラムのアンインストールも行えるが、更新プログラムを適用した直後にパソコンに異常が発生した場合でなければ、更新プログラムはそのままにしておこう。「Windows の機能の有効化または無効化」からは、パソコンの基本機能に関わるプログラムの制御も行えるが、こちらも中・上級者向けの設定となるので慣れないうちは操作しない方がよい。

ファイルごとに実行するプログラムを選択する

ファイルを実行するときに自動的に選択されるプログラムの設定。Windows の標準ソフトと関連付けられているファイルも任意のプログラムから開くように設定を変更することができる。
設定方法は2種類あり、「既定のプログラムを設定」の「すべての項目に対し、既定のプログラムとして設定する」では選択したプログラムが対応するファイル形式のすべてがそのプログラムで開くようになる。
これに対して「ファイルの種類またはプロトコルのプログラムヘの関連付け」では、拡張子(ファイルの種類)ごとに対応するプログラムを指定できる。動画再生ソフトと音楽再生ソフトのように対応するファイル形式が重なるプログラムを使い分けたいときは、拡張子から関連付けを行うとよい。なお、ソフトによってはインストール時に関連付けの設定を変えるものがあるので注意が必要。

入力・出力操作の支援機能

パソコンの操作に不便を感じるユーザーのために用意された操作支援機能の設定。画面の一部を指定すると拡大表示する「拡大鏡」、テキストを音声で読み上げる「ナレーター」、画像で表示されたキーボードをクリックすることで文字入力を行う「スクリーンキーボード」、コントラストを上げることで文字を読みやすくする「ハイコントラスト」などの機能がある。他にも、マウスやキーボード、タブレットなどの入力デバイスの操作性をこのようなユーザーに最適化する設定も用意されている。
また、「お使いのコンピューターを使いやすくするための推奨案を表示します」を選択すると、ウイザード形式で自分に最適な操作支援設定を見つけることができるので、一度開いてみるといい。いくつかの質問がなされるので、それに答える形で操作を進めていこう。

パソコンの操作を音声で行うために必要な設定

自分の声を使ってパソコンを操作する「音声認識」機能の設定。この機能を有効にすると、プログラムの起動、メニューの操作、ボタンなどのクリック、ドキュメントの作成と保存、電子メールの作成と送信などの操作が声による指示で行えるようになる。この機能を利用するためにはセットアップの必要があるので、「音声認識の開始」の項目からマイクの種類、ボリュームを設定し、最後に音声入力テストを行う。操…. 作方法は「音声認識チュートリアルの実施」の自分の声を使ってパソコンを操作する「音声認識」機能の設定。この機能を有効にすると、プログラムの起動、メニューの操作、ボタンなどのクリック、ドキュメントの作成と保存、電子メールの作成と送信などの操作が声による指示で行えるようになる。
この機能を利用するためにはセットアップの必要があるので、「音声認爵魯項目から確認できる。また、声による入力ではパソコンが正確に認識しないことも多い。認識精度が低いと感じる場合は、「コンピューターをトレーニングして認識精度を上げる」のオプションで、自分の声をパソコンに学習させるとよい。また「音声認識のプロパティ」からは、さらに詳細な設定をすることも可能。

ハードウェアとサウンド機能

デバイスとプリンター

周辺機器を管理するための画面。パソコンに接続されている周辺機器はこの画面に表示され、問題が検出された場合は「!」マークで通知される。該当する機器を選択すると「トラブルシューティング」の項目が表示されるので、ここから修正を実行する。また、プリンターやスキャナーなどはこの画面から操作することもできる。
印刷操作を誤ってしまった場合には、「印刷ジョブの表示」から印刷のキャンセルを行う。

印刷ジョブの表示
プリンターがこれから実行する印刷内容の確認と、印刷のキャンセルなどの操作が行える
スキャンの開始
スキャナーにを利用した画像の取り込みを実行する。スキャン設定もこの画面で行える
デバイスのトラブルシューティング
デバイスの問題が検出された場合は、「トラブルシューティング」を実行する

自動再生

ドライブにメディアをセットしたときなどに表示される「自動再生」画面の設定が行える。設定は、デバイスやメディアごとに動作を選択できる。リムーバブルドライブであれば、ファイルが写真の場合はパソコンに読み込む、動画の場合は自動的に再生するといった、さらに細かい設定も可能。
また、設定項目の「何もしない」を選択すると「自動再生」機能がオフになる。

動作の設定
メディアやデバイスごとに動作が選択可能。「自動再生」を無効にすることもできる
初期設定に戻す
すべての設定を初期状態に戻す場合は「すべての規定値をリセットする」ボタンをクリック

サウンド

音声入出力デバイスの設定、Windowsのシステムサウンドの設定、通話時のサウンドの設定を行う画面。スピーカー、ヘッドホン、マイクなどで音声の入出力をするときの書生や音声の再生品質は「再生」「録音」で設定する。
エラーの警告音などのシステムサウンドも「サウンド」から変更できる。「通信」は、パソコンで通話しているときのその他のサウンドのボリューム設定となる。

再生デバイス
再生デバイスを選択して「プロパティ」ボタンをクリックすると、再生デバイスごとの設定が行える
定通話時のサウンド設定
通話時は各種サウンドの音量が自動的に閉塞される。音の設定は4段階ある

電源オプション

電源ボタンを押したときの動作や消費電力に関わる設定など、電源まわりの設定が集められている。
パソコンを操作しない状態が続くと自動的にスリープモードやディスプレイ電源オフのモードに入るが、それらのモードに入るまでの時間を短くすることで無駄な電力消費が抑えられる。
さらに電力消費を抑えたい場合は、パフォーマンスは低下するが電源プランを「省電力」にするという方法もある。スリープモードからの復帰にパスワード制限をかけることも可能。

電源オプション

パスワード保護
スリープ解除時にパスワードを入力しないとロックを解除できないようにする
電源設定の選択
電源ボタンやスリープボタンを押したとき、カバーを閉じたときの動作を設定する
電源プランの作成
「バランス」「省電力」「高パフォーマンス」の中からプランを選択する

ディスプレー

明るさ、解像度、向きなどの画面設定と、文字の大きさなどの設定を変更できる。画面の文字が小さくて読みづらい場合は「すべての項目のサイズを変更する」や「テキストサイズのみを変更する」の設定から拡大する。文字の読みやすさに関する設定はこの他にも「Cle a r Typeテキストの調整」がある。これは液晶ディスプレイ上の文字を読みやすくする機能だが、初期状態で有効になっている。

キーボード

キーボードのキーを押したときに画面に文字が表示される速度と、文字入力位置を示す「カーソル」が点滅する速度の設定。
文字の表示速度は、キーを押してから文字が表示されるまでの待ち時間と、キーを押し続けたときに文字が連続して表示される間隔を設定できる。速度はスライドパーで柔軟に選択できるが、初期設定が早めになっているので、特に表示を遅くしたい場合でなければそのままでも問題ない。

マウス

マウスのボタンやホイールの動作、ポインター(マウスカーソル)の動作や外見を変更するための設定。操作関連の設定では、クリック時の動作とホイール操作時のスクロール量が変更できる。表示関連の設定では、ポインターの移動時に軌道を表示させたり、ポインターのデザインを変更したりすることができる。
デザインは標準で用意されているデザインセットから選択できるだけでなく、個別の変更にも対応しているなど自由度が高い。
マウス検索はこちら

色の管理

「ICCプロファイル」と呼ばれる、色の表示を統イるための設定が記述されたファイルの追加と削除が行える。ディスプレイやプリンターなどの機器では色の表現に若干の違いが生じるが、「ICCプロファイル」はこの差を少なくする役割を果たす。そのため、各デバイスの「ICCプロファイル」を合わせるとよい。

電話とモデム

インターネットにダイヤルアップ接続する際などに必要となる設定。所在地(ダイヤル元)の国・地域名、市外局番などの設定と、「トーン」「パルス」いずれかのダイヤル方法の選択を行う。
ブロードバンド接続環境では設定の必要はなく、ダイヤルアップ接続環境でもこの設定をユーザーが手動で行うことはほとんどない。大抵はプロバイダーが提供する設定ソフトに任せておけばよいのでトラブルがない限りは確認の必要もない。

Windowsモビリティセンター

モバイルパソコンで利用することの多い設定に素早くアクセスできる機能。この操作パネルから設定できる項目は「明るさ」「音量」「バッテリの状態」「外付けディスプレイ」「同期センター」「プレゼンテーション設定」の6つ。
「プレゼンテーション設定」に関しては、この画面で行えるのはオン/オフのみ。

ネットワークと共有センター

インターネットやネットワークへの接続を管理

ネットワークとインターネットの接続に関する設定とトラブルシューティングはこの項目から行う。最近ではインターネット接続に手動で設定する要素はほとんどなく、無線LAN などの接続設定もメーカーが提供するセットアップソフトによって行われることが多いので、初心者がこの設定画面から新規のセットアップを行う必要性はあまりない。
そのため主に利用するのは、ネットワークやインターネットの接続状態の確認、無線LAN の接続設定の変更、ファイルやプリンターの共有設定、トラブルシューティングといった操作を行う場合となる。
ちなみに標準の設定で十分なセキュリティレベルが保たれているので、特に通常の利用に不都合がなければユーザーがこの設定を変更する必要はない。

アダプターの設定の変更
「ネットワーク接続」画面でネットワークに接続する方法の選択が行える
ネットワークの状態2
「ネットワークと共有センター」の「接続」欄からネットワーク接続の状況を確認できる
ホームグループ
「ホームグループ」で共有するライブラリの選択とアクセス許可のレベル設定が行える
共有の詳細設定
ファイルとプリンターの共有、ホームグループ接続などの詳細な設定ができる
ネットワーkのセットアップ
新規でインターネット接続や無線LAN 接続をする場合はここから設定を行う
問題のトラブルシューティング
ネットワークやインターネットの接続に問題が生じた場合はここで確認して対処する

システム通信のセキュリティレベルを変更

Windows Defender

「Windows 8」に標準搭載されているウイルス&スパイウェア対策ソフト。Windows 7 ではスパイウェア対策に特化したソフトだったが、ウイルス対策ソフトである「Microsot Security Essentials」と機能が統合されたため、ウイルス対策横能も備えるようになった。機能面では、スパイウエアやウイルスの可能性が高いプログラムがインストールされそうになると警告を発する「リアルタイム保護」機能を備えているが、予期しない形で侵入を許す場合もある。そのためドライブのスキャンは定期的に実行する必要があるので覚えておこう。また、インターネット上ではパソコンから個人情報を盗み出したり、パソコンを壊したりするようなウイルスやスパイウエアの新種が日々ばらまかれている。「Windows Defender」を常に最新の状態にしておかなければならない。

スパイウエアやウイルスの検索
スキャンを実行してスパイウエアなどが見つかつた場合は画面の指示に従って除去する
定義ファイルの更新
ウイルスやスパイウェアの情報が記された定義ファイルは常に最新の状態にする必要がある
設定
悪意のあるプログラムがインストールされるのを防ぐため、リアルタイム保護の設定が行える

Windowsファイヤウォール

不正アクセスからパソコンを守る防壁となるのがファイアウォール。「Windows 8」 には「Windows ファイアウォール」が標準で搭載されており、パソコンから送受信されるデータはシステムが監視し、不正なアクセスがあればこれを遮断するようになっている。基本的にはユーザーから見えない部分で通信を行うソフトウエアを監視するものなので、ユーザーが許可を与えた上で送受信がなされるブラウザやメーラーが送受信するデータはブロックされない。そのため、Webサイト上に仕込まれていたり、メールに添付されていたりする悪意のあるプログラムの対策には別途「Windows Defender」が必要となる。また、正規のソフトウェアであってもバックグラウンドで通信を行うようなものは、ブロックされて使えない状態になることがある。その場合は、「Windowsファイアウォールを介したアプリまたは機能を許可」の設定で該当するソフトウェアの通信を許可する。

ドライブを暗号化

ドライブの暗号化や、アクセスに対するパスワード制限をすることでファイルやフォルダに第三者がアクセスできないようにする機能。システムドライブ、固定データドライブ、リムーバブルドライブに対して暗号化をすることができる。
ただし、システムドライブの暗号化については、TPMと呼ばれるセキュリティチップを搭載したパソコンでなければ使用できない。

システムチェックによるメンテナンス

システムの状態をしっかり確認し、問題があれば適切に対処する

「システム」では、OSやハードウェアの状態を確認することができる。パソコンの性能を調べたり、不調の原因を探したりする場合には、まずこの設定を確認する。この他にもパソコン不調時にシステムの設定を巻き戻す「システムの復元」横能、パソコンのリモート操作に関する設定、パソコンの性能をテストする「Windows エクスペリエンスインデックス」機能が「システム」に含まれる。また、設定画面には基本情報が表示されるメイン画面と、詳細な情報が表示される「システムのプロパティ」画面がある。「システムのプロパティ」画面には「コンピューター名」「ハードウエア」「詳細設定」「システムの保護」「リモート」の5 つの設定があり上部のタブで切り替えることができる。

ライセンス認証
「Windows8」の使用に必要となるライセンスの確認と、新規ライセンスの認証が行える。

設定の変更
ネットワークに接続する場合に必要となる基本的な情報の確認と設定が行える
ハードウェア
デバイスの設定画面。デバイスの追加や削除、ハードウエアの状態の確認ができる。
システムの詳細設定
視覚効果、仮想メモリの設定や、システムの起動と回復に関する設定が行える。
システムの保護
システムを以前の状態に戻す「システムの復元」機能の設定が行える
リモートの設定
別のパソコンからのリモート操作を許可するかどうかの設定が行える明

Windows Update

「Windows 8」の不具合の修正や、機能の向上を日的とした更新プログラムのダウンロードとインストールを行うための機能。セキュリティ関連の更新をしないままにインターネットを利用するのは危険なので、パソコンを安全に利用するためには絶対に欠かせない機能となる。
操作のはとんどは自動化されているので、基本的には「更新プログラムの確認」を行って更新プログラムがあれば、「インストール」ボタンを押すだけで大丈夫だ。なかにはインストール後にパソコンの再起動が必要な更新もあるが、その場合は保存の必要のあるファイルなどを保存した後で「今すぐ再起動」のボタンを押す。「推奨」と表示されているものは確実にインストールする。

設定の変更
重要な更新プログラムと推奨される更新プログラムのダウンロード、インストールに関する設定
プログラムの選択
更新可能なプログラムが一覧で表示される。「重要」なものはすべて更新するのが基本
Updateの実行
更新プログラムの確認を行い、利用できる更新プログラムがあればアップデートを実行する
更新履歴の表示
更新の屈磨が表示される。「状態」の欄が「成功しました」になっているか確認しよう

パフォーマンスの情報とツール

「Windowsエクスペリエンスインデックス」でシステムのパフォーマンスをチェックし、自分のパソコンに合った設定にすることができる。ハードウェアの変更などを行った際には「評価の再実行」で、パフォーマンス向上の度合いが一目で確認できる。パフォーマンスが十分に発揮されていない部分については「高度なツール」で設定の最適化を行う。この項目で「パフォーマンスの問題」という欄が表示される場合は、アドバイスに従って問題点を解消する。
また、ハードディスクなどの空き容量が不足している場合は、「ディスククリーンアップ」で若干の空き容量を確保できる。ちなみに「Windowsエクスペリエンスインデックス」の評価が著しく低い場合は、ハードウェアの強化も視野にいれる。

高度なツール
パソコンのパフォーマンスが確認できる。問題角写消のためのヘルプも表示される
ディスククリーンアップ
不要な一時ファイルやログファイルを削除して、ディスクの空き容量を増やすことができる
再評価を実行
システム全体の性能を評価する「Windowsエクスペリエンスインデックス」を再実行できる

インデックスのオプション

インデックスとは、ファイルやフォルダーを検索するときにパソコンが用いる索引ファイルのこと。
ファイルやフォルダーの用途や種矧こよってさまざまなインデックスが作成される。このインデックスがあるのとないのでは検索効率が異なるので、「Windows 8」が標準で対応していないファイルを頻繁に扱うような場合は、その拡張子がインデックスの対象となるように設定を変更するとよい。もちろん一般的な用途であれば、初期設定のままで問題ない。特に大量のファイルを管理するような場合は、インデックスが作成されるフォルダーを変更したり、インデックス化の対象となるファイルの種類を変更したりすることで検索効率の向上が見込めるが、不必要にインデックスを作りすぎると逆に検索効率が落ちる結果にもなりかねない。使用頻度の高いもの以外は追加しないようにしよう。

インデックスのオプション
インデックスを作成するフォルダーは「変更」から、対象となるファイルの種類は「詳細設定」から変更できる
フォルダ単位で指定
インデックスが作成される場所を変更する場合はチェックボックスにチェックを入れて「OK」ボタンをクリック
拡張子単位で設定
ファイルの種類ごとにインデックスの設定を行える。一覧にない拡張子を追加することも可能

デバイスマネージャー

デバイスとは、パソコンに内蔵されているハードウエアや外部接続されているハードウェアのことで、「デバイスマネージャー」によって一括して管理されている。パソコンがデバイスを正しく認識できないと、パフォーマンスの低下や動作不良が生じるが、「デバイスマネージャー」では問題のあるデバイスには「!」や「?」マークが表示される。まずはこれを確認し、マークが見つかれば問題を解消する。
ドライバーを入れ直すだけで解決できることも多いので、問題が発見されたデバイスのドライバーを最新のものに更新する。それでも解決しない場合は、競合するデバイのドライバーデバイスの中に、以前追加して現在は使用していないもののドライバーがあれば削除するといった程度にとどめたい。それ以上の操作は、初心者には多少のリスクが伴うので注意したい。

位置情報の設定

位置情報は「Windows 8」に標準で搭載されている天気予報、地図などの機能や、さまざまなメーカーから出されているアプリで利用される。
「位置情報の設定」では、これらの機能やアプリに位置情報を提供するかどうかの設定をすることができる。「Windows位置情報プラットフォームを有効にする」の設定を無効にすると、あらゆる機能やアプリで位置情報が利用できなくなるので、必要に応じて利用したい場合はこの設定は有効にしておき、機能やアプリの利用時に表示される確認画面で有効/無効の設定を行う。「M icrosoft位置情報サービスの品質向上に協力する」という項目もあるが、これはWindowsの開発元であるマイクロソフトが製品開発のための行っている情報収集なので、無効にしても間魔はない。ちなみに、位置情報の取得に際して、パソコン内の個人情報を検索されるようなことはない。

FLASHを利用する際の設定

「Windows 8」に搭載されているIE 10 がF la s h P la ye r に標準対応したことにより、この項目が標準で表示されるようになった。
この項目では、Flash コンテンツを利用したWebサイトに対して、ローカル記憶領域へのデータ保存、カメラやマイクの使用、他のコンピューターヘの接続といった機能の使用を許可するかどうかを設定できる。
特にローカル記憶領域にキャッシュなどを保存するWeb サイトに対しては、「高度な設定」でローカル記憶領域の使用許可を個別に設定しておくといい。

カメラとマイク
Web サイトの閲実時にカメラやマイクを使用を許可するかどうかを設定できる
再生の設定
他のユーザーとの帯域幅の共有やチャットを行うなど、外部のコンピューターと接続する機能の設定変更が可能
高度な設定
Flash Playerのコンテンツで使用されたデータの削除や、自動アップデートの設定が行える/dd>

ローカル記憶領域設定
ローカル記憶領域を使用するサイトに対して、個別に許可をするかどうかの設定項目が並ぷ

記憶域

「Windows 8」から搭載された新機能で、複数台のディスクを単一の仮想ドライブとして扱うことができる。例えば、2TB のハードディスクが2 台あった場合、従来のような2TB のドライブが2 つという形での運用ではなく、4TB のドライブが1 つという形での運用が可能となる。接続するディスクは、容量、接続方法、転送速度などは問わない。
また、この仮想的なドライブには、実際にディスクが備える以上の容量を割り当てることもできる。もちろん実際のディスク容量以上のデータを記録することはできないのだが、その時点で実際のディスク容量が不足していても、将来的なシステムの運用を見越して、ドライブのサイズを設定しておけるのは非常に便利。
また、この仮想ドライブには、同じデータを異なるディスクに対して記韓するミラーリングの設定をすることも可能。

ファイル履歴

ライブラリ、デスクトップ、連絡先、お気に入りなどのファイルのコピーを外付けハードディスクやUSBメモリ、ネットワーク上のドライブなどに履歴として保存する機能。ファイルの破損や消失などのトラブルが生じた場合には、「個人用ファイルの復元」から復旧可能だ。ホームグループのメンバーヘの公開にも対応する。

「Windows 7」のファイル回復

「Windows 7」では「バックアップと復元」という名称で呼ばれていたバックアップ機能。評価版では「Windows 7 のファイルの回復」となっているが、製品版では名称に修正が入る可能性がある。
システム構成のバックアップを外部のドライブやDVDメディアなどに作成し、システムのエラーやドライブの故障などが生じた場合にはこのバックアップから復元することができる。システムをまるごとコピーする場合は「システムイメージの作成」を、重大なエラーからWindows回復させるためのシステム回復ツールを用意する場合は「システム修復ディスクの作成」を選択する。両方実行しておけば、システムの安全性はより高まる。バックアップ機能には、ユーザーデータのバックアップを作成する「ファイル履歴」があるが、この機能も「Windows 7 のファイルの回復」からアクセス可能。ハードウェアの故障以外のあらゆるトラブルに対して有効な解決策となるので、システムがベストの状態のときのバックアップデータを残しておくとより安全。

ファイルのバックアップまたは復元
この設定のメイン画面。Windowssバックアップの実行とファイルの復元をすることができる
システムイメージの作成
Windowsのシステムを他のハードディスクやDVD メディアなどにバックアップする
システ修復ディスクの作成
システムに重大なエラーが生じた場合に回復させるためのディスクを作成する横能

アクションセンター

セキュリティやメンテナンスに関する変更が行われた場合や、システムなどに問題が検出された場合には画面右下の「アクションセンター」で通知がなされる。コントロールパネルの「アクションセンター」では、このメッセージを確認し、問題が検出された箇所の修正を行うことができる。
また、メッセージを表示させる必要がないものがあれば、「アクションセンターの設定を変更」画面でチェックボックスのチェックを外せばオフにできる。

Windows To Go

「Windows 8」をUSBメモリやUSB接続のハードディスクなどにインストールする機能。USB からのブートが可能であれば、どのパソコンからでも「Windows 8」を起動できるので、持ち運びが可能なOS として運用することができる。この機能を用いて「Windows 8 を起動した場合は、そのパソコンに内蔵されているハードディスクなどへのアクセスが基本的にはできないようになっているが、これはセキュリティ上の問題があるため。

回復

「回復」では、起動できない状態に陥ったパソコンをリフレッシュしたり初期状態に戻したりするための「回復ドライブ」の作成機能と、不調となったシステムを正常に動作していた時点の状態に巻き戻すための「システムの復元」機能が利用できる。
「回復ドライブ」の作成には256MB以上のデータを格納できるUSBメモリなどのドライブが必要で、作成時にはドライブ上のすべてのデータが削除される。「システムの復元」の場合は、利用するためには、あらかじめ正常動作時のシステム構成のバックアップを取っておく必要がある。このバックアップのことを「復元ポイント」と呼ぷ。また、「システムの復元」では、巻き戻されるのはシステムの構成だけなので、復元ポイントの作成以降に保存した音楽や動画などのファイルが消えることはない。
復元の実行後に取り消すこともできるので、システムに変更を加えた後での不調に際してはまず最初に試すべき解決法となる。ただし、システムに導入したドライバーなどは消えてしまうので、インストールしなければならない。