柴胡加竜骨牡蠣湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)

柴胡加竜骨牡蠣湯(サイコカリュウコツボレイトウ)は、心悸亢進、不眠、いらだちなどの神経症状に用いられる漢方薬です。
比較的、体力のある人に向いています。

柴胡加竜骨牡蠣湯には、次の生薬のエキスが配合されています。
茯苓(ブクリョウ)、桂皮(ケイヒ)、黄芩(オウゴン)、生姜(ショウキョウ)、牡蠣(ボレイ)、大黄(ダイオウ)、柴胡(サイコ)、半夏(ハンゲ)、大棗(タイソウ)、人参(ニンジン)、竜骨(リュウコツ)の11種類。

一元製薬の「柴胡加竜骨牡蠣湯」は、漢方でも服用しやすい錠剤です。

効果・効能

比較的体力がある人で、精神不安があって、動悸、不眠などを伴う次の諸症状に。

  • 高血圧の随伴症状(動悸、不安、不眠)
  • 更年期神経症
  • 小児の夜泣き

用法・用量

次の量を1日3回、食時の1時間前に、お湯で服用します。
大人・・・5~6錠
7~13歳まで・・・3~5錠
5~6歳まで・・・1~3錠
※小児に服用させる場合には、保護者の指導のもとに服用させてください。

注意

次の症状があらわれた場合は、直ちに服用を中止して医師または薬剤師に相談してください。

  • 皮膚・・・発疹・発赤・かゆみ
  • 消化器・・・はげしい腹痛を伴う下痢、腹痛

なお、まれに別の重篤な症状が起こることもあります。また、軟便・下痢が続いたり強くなったりした場合も、服用を中止して医師または薬剤師に相談してください。

▼ 柴胡加竜骨牡蠣湯 一元製薬の詳細、購入についてはこちら。

柴胡加竜骨牡蠣湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)」への3件のフィードバック

  1. ピンバック: 睡眠薬に頼らずに漢方薬で快眠したい! | 健康メモ

  2. ピンバック: 漢方薬一覧

  3. ピンバック: 体質を見直しながら症状を改善する漢方薬 | 自律神経失調症の基礎知識

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください