千金内托散(せんきんないたくさん)

商品概要

千金内托散(センキンナイタクサン)は、体力や抵抗力が衰えた人の化膿性疾患に適切な処方です。虚証で免疫力が低下した人や高齢者に多く、化膿しても膿がなかなか排出されずにいつまでも体の中に滞り、治りきらないものに効果的です。虚証とは、本来あったものが失われた空虚を意味し、生命力や抵抗力など本来わたしたちが持つ体の機能が低下して不健康になった状態です。

化膿性疾患には荊防敗毒散(または十味敗毒湯)を用いることが多いのですが、これらは体力のある人や化膿しても自身の抵抗力で排膿できる人、また、化膿性疾患の初期のものなどに用います。化膿~排膿期には、千金内托散を用います。

「内托」には、「膿を外へ追い出す力が無いような人の体力をつけて、体の内側の回復力(免疫力)を高め、膿を排出させて肉芽の形成を促進させる」というような意味があります。

千金内托散には、黄耆(オウギ)、人参(ニンジン)、甘草(カンゾウ)、桂皮(ケイヒ)、防風(ボウフウ)、川芎(センキュウ)、当帰(トウキ)、桔梗(キキョウ)、白芷(ビャクシ)、厚朴(コウボク)、金銀花(キンギンカ)の11種の生薬のエキスが配合されています。

千金内托散の処方の特徴は、黄耆(オウギ)・人参(ニンジン)の補気薬で免疫力を高めて、排膿を促すところにあります。コタローの千金内托散(せんきんないたくさん) エキス細粒G は、体力を高めて体の中から毒(膿)を排出し、炎症を改善していきます。

化膿した部分からいつまでも膿(うみ)が排出できずに長引いている化膿性の皮膚病のほか、痔を患っている人、寝たきりで床ずれがいつまでも治らないという人も試してみるとよいです。

▼ 千金内托散 エキス細粒G コタロー (小太郎漢方製薬) の詳細、購入についてはこちら。

効能・効果

体力虚弱で、患部が化膿するものの次の諸症:化膿性皮膚疾患、痔、軽い床ずれ

用法・用量

次の量を1日3回、食前または食間に水またはお湯で服用します。食間とは、食後2~3時間くらいを指します。

  • 大人(15歳以上):1包 または1.5g
  • 15歳未満7歳以上:2/3包 または1.0g
  • 7歳未満4歳以上:1/2包 または0.75g
  • 4歳未満2歳以上:1/3包 または0.5g
  • 2歳未満:1/4包 または0.37g

※小児に服用させる場合は、保護者の指導のもとに服用させてください。