小柴胡湯(しょうさいことう)

商品概要

小柴胡湯(しょうさいことう)は、漢方の原典である『傷寒論(しょうかんろん)』、『金匱要略(きんきようりゃく)』に記載されている漢方薬です。風邪をひいてから数日経過し、こじらせてしまい、熱がでる、寒気がする、わき腹からみぞおちにかけてなんとなく重苦しい、吐き気がする、食欲不振などの症状を伴う風邪の後期に用いられるほか、胃炎、胃腸虚弱、疲労感にも用いられています。

ツムラの漢方製剤 小柴胡湯 エキス顆粒は、小柴胡湯から抽出したエキスでつくられた、服用しやすい顆粒のおくすりです。

効能・効果

体力がそこそこにある人で、脇腹(腹)からみぞおち辺りがときどき苦しく、食欲不振や口の苦味があるようなものの次の諸症状に。

  • 吐き気
  • 食欲不振
  • 胃炎
  • 胃腸虚弱
  • 疲労感

成分

次の生薬の乾燥エキスを含んでいます。
サイコ、ハンゲ、オウゴン、タイソウ、ニンジン、カンゾウ、ショウキョウ

用法・用量

次の量を1日2回、食前に水またはお湯で服用します。
成人(15歳以上)・・・1回1包(1.875g) 
7歳以上15歳未満・・・2/3包
4歳以上7歳未満・・・1/2包
2歳以上4歳未満・・・1/3包
2歳未満・・・服用してはいけません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください