病院に行くと血圧が上がってしまう

自宅で測定するといいのに病院で測定すると上がってしまう

ある特定の場所で測ったときだけ、血圧が高くなる場合があります。それが「白衣性高血圧」と「仮面高血圧」です。

ドクターやナースの前だと血圧が上がってしまう

家庭用測定器などをを使用して自宅け計測したり、ほかの場所で血圧を測ると正常範囲なのに、病院など医師や看護師の前では緊張して血圧が高くなってしまう人がいます。これを「白衣性高血圧」と言います。他の環境で何度か測定した場合に血圧が正常であるのなら、多くの場合、治療をしなくても心配はありません。しかし、医療機関で測るといつも血圧が高いときは、白衣性高血圧である可能性もあります。そのため、家庭用血圧計の使用による血圧測定が勧められています。

家庭で測ったときだけ血圧が高くなる「仮面高血圧」

白衣性高血圧とは逆に、医療機関などで血圧を測ると正常なのに、家庭用血圧計で測ると高血圧になる人がいます。これを〝「仮面をかぶったように隠れている高血圧」という意味で、「仮面高血圧」と言います。
仮面高血圧にはさまざまなタイプがありますが、多く見られるのは早朝に血圧が上がるタイプです。また、早朝に血圧が上がる場合でも、起きてから血圧が急上昇するタイプと、就寝中から起床まで血圧が高い状態が続くタイプがあります。特に怖いのは、夜間も高血圧が持続する後者です。通常なら低くなるべき時間帯も血圧が上がったままなので、血管や心臓への負担が大きくなります。そのため、心筋梗塞や脳卒中を引き起こす危険性が大変高くなります。
仮面高血圧は、喫煙者やストレスの多い人によく見られます。喫煙すると血圧は上がりますが、医療機関では喫煙できないために普段よりも低めの血圧になることがあるのです。
また、仕事などでストレスの多い人は、診察の待ち時間にリラツクスすることで血圧が下がるのです。さらに仮面高血圧は、すでに高血圧で治療中の人にも見られます。診察時には正常範囲なので治療がうまくいっていると思われがちですが、実は家庭では早朝高血圧になっていることが見逃されてしまうのです。それを放置しておくと、心筋梗塞や脳卒中のリスクが高くなってしまいます。
仮面高血圧を見つけるためにも、家庭用血圧計で朝の血圧を測定することが大変重要です。仮面高血圧が疑われるときは、24時間血圧を計測できる携帯型の血圧計を使用することが勧められます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ