中耳炎

私たち人間の耳は、耳の入り口から顔の中心のほうへ向かって外耳(がいじ)、中耳(ちゅうじ)、内耳(ないじ)の3つに大きく分かれています。外耳道から続く鼓膜から鼓室、耳小骨(じしょうこつ)の部分が中耳で、この部分に化膿菌が侵入して炎症が起きる病気を中耳炎(ちゅうじえん)といいます。

中耳炎にはいくつか種類がありますが、代表的なものは急性中耳炎です。また、急性中耳炎がきちんと治りきらないまま、中耳に膿(うみ)が滲出液(しんしゅつえき)として溜まってしまう滲出性中耳炎があります。

中耳は耳管(じかん)という管で鼻の奥とつながっていて、中耳炎と鼻は密接な関係にあります。急性中耳炎で多いのは風邪をひいたあとに合併して起こるもので、細菌やウイルスが鼻の奥で増殖し、耳管を通して感染が中耳にまで及びます。風邪をひいて鼻炎が起こると鼻水が増えますが、鼻づまりがあるときに無理に強く鼻をかもうとすると鼻水に含まれる化膿菌が耳管から中耳に押し込まれるので、鼻がつまっているときには、強くかまないように気をつけましょう。

一般的には、中耳炎にかかるのは成人よりも乳幼児や小児のほうが多いといわれていますが、これは、子供の耳管のほうが太くて短いこと、また、角度が水平に近いことから、細菌やウイルスが中耳に入りやすいためだといわれています。

急性中耳炎になると、発熱や脈を打つような耳の痛みがあったり、耳がふさがったような感じがして、音が聞こえにくくなったり(難聴)、耳だれといって臭いのある分泌物が出たりもします。乳幼児の場合、高熱が出てけいれんを起こすこともあるので注意しましょう。

急性中耳炎を放っておくと、ほかの中耳炎へ移行したり、まれに重症化して意識障害などの脳症状を起こすことも考えられますので、早めに耳鼻科を受診し治療して、完治させることが大切です。

漢方薬で中耳炎を改善する

まずは、専門医の診察を受けましょう。中耳炎が慢性化してしまった場合には、漢方薬の使用で良い結果を得られることがあるので、医師に相談するとよいでしょう。風邪のひきはじめに利用して、中耳炎の防止に役立ててもよいです。