アレルギー性鼻炎・花粉症

花粉の時期の少し前から飲みはじめる

日本では、3000万人以上もの人が花粉症で苦しんでいるといいます。まさに国民病です。花粉症はアレルギー性鼻炎の一種です。主にスギ花粉が体内に入ったときに、免疫系統が過剰な反応を示し、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目やのどのかゆみなどの症状が発生します。
最近は、ブタクサの花粉に反応する人も増加しています。

花粉以外では、ダニやほこりなどのハウスダスト、ネコや鳥などの動物、で寒冷刺激などに反応して症状が出る人もおり、これらを総称してアレルギー性鼻炎と呼んでいます。

漢方は、長期間飲んで、体質改善する薬だというイメージをもっている人も多いのですが、対症療法的に症状を抑える目的で使うことも可能です。

まず、鼻水の症状がひどい場合には、小青竜湯(しょうせいりゅうとう) または、苓甘姜味辛夏仁湯(りょうかんきょうみしんげにんとう)がよいでしょう。
これは、慢性鼻炎や蓄膿など鼻の疾患によく用いられる漢方薬です。

花粉症の人は、花粉が飛びはじめる前の1月下旬から2月上旬を目安に、飲み始めると効果的です。症状が軽くすんだり、花粉の季節も比較的楽に過ごすことができるはずです。

成人であれば冷えや胃腸に効果的な漢方薬を使って体質改善を

本腰を入れて、体質改善をすれば、アレルギー性鼻炎や花粉から開放されます。うっとおしいくしゃみや鼻水からも開放されます。
体質改善を目的に治療する場合は、こまかい診察で問診が必要になりますので専門医を受診します。

エアコンなどの冷気刺激だけでアレルギー症状が出てしまう場合には、当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)が有効です。
こういった冷えが強い人は、体質のベースにある冷えがさまざまな不調の引き金になっているケースが多いのです。当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)は、末梢血管を拡張する働きがあり、温める作用が強い漢方薬です。

冷えが改善されると鼻炎症状も軽減し、全身状態も改善されていきます。胃腸虚弱な人は脾の状態を改善すると、アレルギー症状が緩和します。
腸が弱い人は、小建中湯(しょうけんちゅうとう)、胃が弱い人は、六君子湯(りっくんしとう)を服用します。

小児は小建中湯(しょうけんちゅうとう)で体質改善

中学生くらいまでのお子さんであれば、大人に比べて比較的薬効が出やすく、症状の軽減も体質改善も比較的楽にできます。早めに漢方治療をおこなったほうがいいでしょう。
胃腸の弱いお子さんであれば、小建中湯(しょうけんちゅうとう)黄耆建中湯(おうぎけんちゅうとう)が有効です。お腹が弱いと栄養吸収が正常にできずに成長も遅れる場合があります。
小建中湯(しょうけんちゅうとう)と黄耆建中湯(おうぎけんちゅうとう)は、胃腸を丈夫にする働きのある漢方薬です。

小学校高学年~中学生くらいまでのお子さんの慢性化してしまったアレルギー症状には、柴胡清肝湯(さいこせいかんとう)荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)を試すといいでしょう。

漢方薬による体質改善もとても大切ですが、くしゃみ、鼻水、などのアレルギー症状は、花粉やハウスダストなどのアレルゲンとなる物質が体内に入らなければ、症状はでません。花粉が飛ぶ時期には、マスクをしたり、外出を控える、こまめに清掃するなども忘れてはなりません。

サプリによる花粉症の改善なら、こちら。

4 thoughts on “アレルギー性鼻炎・花粉症

  1. ピンバック: 花粉症はは腸を整えて根治する | 便秘薬を使わない自然排泄にこだわる

  2. ピンバック: 花粉症はは腸を整えて根治する | 便秘薬を使わない自然排泄にこだわる

  3. ピンバック: アレルギー性鼻炎 | Condition

  4. ピンバック: 花粉症は腸を整えて根治する | 便秘薬を使わない自然排泄にこだわる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください