コントロールパネル

コントロールパネルには、パソコンのメンテナンスやカスタマイズをするためのあらゆる設定がまとめられている。パソコンを上手に使いこなすためにも基本となる機能はここに集約されている。

新しくなった「コントロールパネル」について

従来のWindowsシリーズとは大きく異なる操作画面を採用した「Windows 8」。コントロールパネルの操作方法については特に大きな変更は加えられていない。カテゴリから設定を探したり、アイコンの一覧から設定を選んだりする操作方法は以前のWindowsと同様だ。ただし、「スタート」メニューがなくなったので、コントロールパネルの聞き方が変わっている。「Windows 8」が新しく採用したメニューバー「チャーム」のひとつである「設定」から開くという手順になるが、インターフェイスからスムーズにすすめる。
設定項目に関しても「Windows 7」から大きな変更はない。
「カテゴリ表示」で表示されるメニューは「システムとセキュリティ」「ネットワークとインターネット」「ハードウェアとサウンド」「プログラム」「ユーザーアカウントとファミリーセ-フテイ」「デスクトップのカスタマイズ」「時計、言語、および地域」「コンピューターの簡単操作」の8 つ。
「ユーザーアカウントと家族のための安全設定」だったものが、「ユーザーアカウントとファミリーセーフティ」という名称に変わっているが、はぼ同様の内容。
「アイコン表示」を選んだ場合に表示される設定にも大きな変更点はないが、「Windows 7」から項目が3つ増えている。この新しく追加された設定には、各項目に「NEW」というアイコンが表示されている。

カーソルを右上または右下に持っていくとチャームが開く。この中にある「設定」を開くと、「コントロールパネル」の項目が見つかる。

このカテゴリ表示が基本画面となる。8 つの項目から目的を放りこむことで必要な設定を探すことができる。
「表示方法」の欄から「アイコン表示」を選択すると、すべての設定項目を一覧表示することができる。大きいアイコンと小さいアイコンのどちらかを選択することも可能。コントロールパネルの操作に慣れてきたら、こちらの方が便利。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください