健康・美容関連

  • ルテインと加齢黄斑変性
  • 加齢黄斑変性というのは、病名からもわかるとおり、加齢が原因で起こる眼疾患のひとつです。 欧米などでは、主要な失明原因のひとつとして よく知られていますが、急激な高齢者人口の急増により、日本でも患者数が増加しております。患者数は、男性の方が多く年齢が高くなるにつれて増加し、また、両目に発症する割合も同時に高くなっています。

  • ミネラルウォーター
  • 当たり前に使用するミネラルウォーターですが生活の中で利用するシーンは主に8つです。「ごはんを炊」「和風だしを取る」「茶・緑茶をいれる」「コーヒーをいれる」「鍋料理、煮物に使う」「洋風だし( スープストック)」 を取る「お酒を割る」「健康のために飲む」などです。
    じつは、この8つの用途は、それぞれ適している水が異なります。ごはんを炊くにはそれにふさわしい水が、洋風だしを取るのにもそれにぴったりの水があるのです。その使い分けをマスターすることで、よりムダなく効率的に、ミネラルウォーターを活用しょうというのが「ミネラルウォーター活用術」です。

  • お肌の潤いをアップさせる美容ドリンク
  • 美肌のためにスキンケアにこだわる女性たちの間では、体の内側からのスキンケアはもはや常識になりつつあります。外からのケアだけではなく体の中からキレイにしなければ美肌は手に入らないことをよくわかっています。毎日の食事も大切であることを理解しています。 「今まで化粧品でのお手入れがメインだった人もコラーゲンドリンクや青汁を試し、そして続ける人が増えてきました。こうしたドリンク類もドラッグストアーやコンビニでも購入できるようになり手軽に手に入るようになりました。

  • ウコンの作用

    ウコンの注目すべき有効成分は『クルクミン』です。クルクミンは、胆汁の分泌を促進する働きがあり、肝機能を強化できるので普段から摂取しておきたい成分です。 また、肝臓の機能を助けてアルコールの分解を促進するので、二日酔いのときに摂りたい成分でもあります。

  • 夏の冷えを解消
  • 暑くてべたべたする夏、なのに体は冷えている… そんな女性が急増中です。寒さを肌で感じられる冬とは違い、夏は冷えを実感しにくいため、冷えに無防備なまま、体へさまざまなタメージを与えてしまう危険が高いのです。生活の基本である「衣・食・住」の「冷え要素」をブロックして、今年こそ夏冷えを解消しましょう!

  • アロエの育て方・選び方・増やし方・越冬法
  • アロエには薬にも負けないほどの効能、効果がありますがこの効能、効果を最大限に引き出すためにはやはり新鮮なアロエが必要です。「アロエをつかってみたい」「試してみたい」と思ってもアロエがないのでは困ってしまいます。そこで本サイトではアロエの育て方、選び方、増やし方、越冬法を紹介したいと思います。

  • ハーブ
  • ハーブHerbsはもともと植物学的な言葉で、高木Treesや低木Shrubsに対する草本植物、あるいは草の葉を意味します。「温帯に住む国や地方の身のまわりにあって、古来から日々の暮らしの中で人々がさまざまに使いこなしてきた野草。宗教、政治、医療、文化、衣、食、住のすべてにわたってかかわりあってきた有用植物。

  • サプリメント活用
  • サプリメントを実際に摂取し活用るためにはどうしたらよいのでしょぅか? 活用法は、にはいろいろな方法がありますが、摂るからには、代謝が改善し、エネルギーがみなぎり、肌や髪、筋肉、骨などが細胞レベルで美しく、そして健康的で丈夫になっていることを実感したいものです。 そのためにおすすめしたいのが、何段階かに分けて少しずつステップ・アップしていく方法です。

  • 高血圧
  • 高血圧が怖いのは、これといった自覚症状がほとんどないために放置すると動脈硬化を引き起こし、それが心臓病や脳卒中の引き金となり、やがては命にかかわることにもなりかねないことです。 ところが、定期健診や人間ドックなどで高血圧と診断されても、6割以上の人が治療を受けていないとされています。

  • 仮面高血圧
  • 診察室で測った血圧が正常な人でも、日常生活において高血圧が認められることがあります。これを「正常血圧という仮面をつけた高血圧」という意味で、「仮面高血圧」と呼んでいます。 仮面高血圧が注目されるようになったのには、家庭用血圧計の普及が関係しています。

  • にんにくの驚くべき薬効
  • 1980年以後、ガンが死亡率のトップを独走している。そのガンに関しても、以前は死亡率のトップだった胃ガンに代わって、いまでは肺ガンがトップになっています。
    確かに、食生活の洋風化が進んでいった結果、大腸ガン、肺ガン、乳ガンなど、欧米で多かったガンが日本でも増えています。生活習慣病はその他、肥満、高脂血症、高尿酸血症、歯周病、慢性気管支炎、アルコール性肝炎など、まさに治らない、治りにくい、そして治せない代表的な病気です。しかし、にんにくにはこうした生活習慣病~ガン予防まえ多岐にわり驚くべきが効能が見つかっています。にんにくの薬効についてです。

  • 糖質制限食+食後の即ウォーキング
  • 血糖コントロールに糖質制限食と食後、すぐに行うウォーキングを組み合わせ血糖値やHbA1Cを安定させる方法やメリット。カロリー制限の食事療法がうまくいかない場合や血糖コントロールに手を焼いている人に。

  • なめこの血液ドロドロ改善効果
  • キノコは昔からガンに効果があると言われてきましたが、最近では、キノコの持つ、さまざまな機能性の中で、これまであまり注目されることのなかった分野について、実験・研究がすすめられています。最近話題の「血液サラサラ」効果です。キノコには、血管内の血栓を溶かす働きもあることが、以前からわかっていたからです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ